2017年08月10日

デスクトップの軽量感の大切さ。linux

いま、デスクトップの見栄えの、先頭を行っているのは
おそらくkdeのplasmaだったりすると思います。
でも、やること、できたらいいことが決まっているなら、
初期設定でいくらか時間を割いてでも
軽量なデスクトップを使うのが、本道だろうと思います。

軽量感とは、マウスをもつ指に伝わってくるもので
(キーボードだけで速攻的に仕事をするプロは除く)、
設定したことへの従順性とか、デスクトップ環境によって、
かなりの開きがありますね。

それと、テレビは斜陽で、オンデマンドの動画の時代に
なっていることからも、動画の再生機能は、
想像以上の重要さをもっています。

そこで、いろいろなデスクトップを触ってみて判ったのは、
デスクトップ環境が軽量であるほど、動画の動きはいいということです。
ユーザーに何も考えさせない、ごたいそうなデスクトップほど、
動画の再生はかんばしくないです。

同じ性能のハードウェア上、つまり同条件で
マルチブートし、いろいろなデスクトップを試してきましたが
環境によって、動画のスムーズさなどにかなりの開きがあります。

私のような低中性能なハードではなく高性能なハードウェアを
使っている人でも、次元の違いはあるにせよ、差は現れると思います。
皮膚感覚として、伝わってくるものがあるに違いありません。
コンピューターにラクをさせてやって、気持ちよく
働かせることによってのみ返ってくる快適さ。
その快適さは、あなたのきょう一日をよりよくするに違いないのです!

アニメーションな動きを経験して面白がるのは、
単に人生の間口に立ったにすぎず、そこに奥義はありません。
コンピューターへの理解が深い人ほど、軽量感にこだわりますね。
動きが軽いってことが非常に重要なんです。
足首に鉛のたまを着けて歩いているような気分では、
それがどれほど豪華でも、「自由」とは云えないですからね。

オーバークロックさえやったことのない素人が
薀蓄を垂れるのは、それこそウンチ臭いことで恐縮ですが、
今朝、icewm環境のarchlinuxを動かしてみての感想でした。
2160pがスイスイ。ga-h87-hd3 + corei5-4590sの
ハード上で久しぶりに動かしてみて。

icewm:
パネルとopenbox的メニューのセットの選択肢が数多くある
超軽量ウィンドウマネージャー。archlinuxで使うなら、
archtect(archlinux専用インストーラー)で
簡単にインストールできます。


posted by ブログ開設者 at 07:49| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

マザーが壊れた?g31m-gs r2.0

asrockのマザーボードだったりしますけど、
システムが突然ダウンする状態に見舞われました。

catalystドライバを使っているarchbangとか、
debian8.1、linux-liteの14.04ltsとかも
動かしていたマザーボードでした。

関連品は、core2duo e8400、umaxの2gb4枚が4枚があります。

問題を切り分けようと、最初にやったことは、
各ディストロを起動してみました。症状が同じです。
すべてで突然落ちる、ってことで、システム(ソフトウェア)の
線は消えました。7つほどのディストロ、
ぜんぶがウィルスに感染してしまうってことは
ないでしょうし。

次に電源ユニットとグラフィックカードの
msi r5770 hrwkを疑ってみました。
マザーボードだけをp8h67-vに入れ替えてみました。
問題なく動きました。世代が近いこともあり、
ぜんぶのディストロが動きました。
dmesgコマンドで、cpu内臓gpuではなく、
グラフィックカードで表示されていることを確認しました。

故障の考えられるのがマザーボードだけになりました。
lga775のマザーボードがまだこの世に存在するか、調べました。
中古しかありません。マザーボードの中古ってのもねえ。
酷使状況がどの程度なんて、判るわけありません。
動作確認できていても、その時点で、ってことでしかない。
気持ちを落ち着かせて、まだまだ現役の力のある
3.0ghzのe8400、umax、合わせて8gbとお別れするときが
きたのだ、と観念することにしました。

最後の最期のもう一回の”死亡確認"として、諸般を接続し
起動してみましたら、落ちないんですね。さっきから、
一時間ほど落ちずに使えています。

接続形態をひとつだけ変えていました。
usb接続のマウスをクチ増やし兼usb延長ケーブルを介して
使っていたのをダイレクトにマザーのポートに
挿していました。3ヶ月に1度ぐらいしか
動かさないこのマザーでは、初めての条件でした。

治った、と見るべきか一時の機嫌なおしなのか。
治ったのなら、”他山の石”にはなりそうですけどね。
壊れた、と思い込む前のなんとやら、にしていただきたいです。
ほかの3枚のマザーボードでは、この接続法で
まったく問題ありませんでしたから、当初はまったく
疑っていなかったです。カーソルはちゃんと動くんですよ。
ただ、何度かクリックを行った瞬間に落ちていた
ってことはありました。

私は、家内にいつも言っていることがあります。
死亡確認だけは、しっかりしてほしい、
棺が焼き場の炉の中へ滑り込み、ガタンと扉がしまった瞬間、
目が覚めるというのだけは、勘弁して欲しい、と。

マザーボードについても、状況を念入り念入りに確かめないと、
無自覚なまま非人間的な扱いをしてしまいそうです。こわっ。

まだ動いています。1440p動画視聴、まだ落ちません。いいぞ!

自作pc100台以上とかのベテランだったら、
もっと早く気づくんでしょうね。修行が足りません。

この騒動、負った手傷は、扱いのむずかしい
catalystドライバを抜こうとして、がんじがらめの
依存関係の責められ。システムを壊したarchbangのみです。
こんなふうな機会がないとやる気になれない
ことなので、どさくさまぎれにやってみたんです。
いろいろ細かく調整しなくていいのなら、
xf86-video-atiとかで動かしているべきですね。

↓  ↓  ↓  ↓
その後、真相を探求すべく、あれこれつなぎ替えました。
どうやら、usb延長ケーブルのせいではなく、
ある特定のusbポートに(マウスでなくても)、
usbフラッシュメモリなどをつなぐと、
いけない信号を発するようです。バックパネル用にusbポートが
4つあるうちの1つが逝かれたということのようです。


posted by ブログ開設者 at 19:03| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

archbang-artix-beta-080817.iso

artix第二弾。ブラウザにfirefox。エディタにl3afpadが
入っています。lxterminal,pcmanfmはも入っています。

あと、mirror-archという名前で、
mirrorlistがあり、それをつなげば、
openrc版のarchlinuxに戻すこともできそうです。

じぶんとしては、なんのためにやっているのか、
プロジェクト方針が見えません。
自前のミラーサーバでやりたい、ってことだと
したら、じぶんとしては、♪何のために、何を夢見て、、、
てな気分になってしまいます。

manjaroが一枚かんでいるらしいから、
manjaro的になるってことでもないでしょうし。
わ、か、り、ま、せ、ん。

今の状態だと、archlinuxのミラーをつなげないと、
何もできません。実質は、archbang-openrcを
面倒化した状態です。

input methodが要らない欧米人は、
これでそれなりに使えると思っている
んでしょうねえ。

じぶんとしては、インストールする気には
なれないです。 外観は、このところの
archbangと同じです。若草山からの眺望みたいな
アレです。


posted by ブログ開設者 at 18:00| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする