2017年09月11日

vmware上のarchbang-openrcが永眠。linux更新アラート

vmware workstation 12 player(12.5.6 build-5528349)上に
インストールしていたarchbangのopenrc版が
カーネルパニックで起動しなくなりました。

panic.JPG

no working init found.

なお、同じくvmware上の、systemd版archbang-0317は、
フル更新して問題ありませんでした。
つまり、ゲストosのカーネルが4.12.12-1-ARCHに
なっても大丈夫でした。働いているinitが見当たらん、って
vmwareとopenrcとの問題なんでしょうね。

vmware上にある2つのarchbang-openrcが
まったく同じように永眠しましたので、
例外的なことではないでしょう。
更新自体は、なんの問題もなく進みます。
だけど、再起動したら、ご覧の状況になりました。

ちなみに、リアルインストールしてあるarchbang-openrcでは、
きょう(20170911 06時ころ)の時点でフル更新しても、
このような自体にはなりませんでした。
↓  ↓  ↓  ↓
20170912の 06:30の時点の更新では、
カーネルパニックになりました。
(repoサーバは、いずれもftp.jaist.ac.jp)

vmwareは天国と思いかけていたのに、このような
ことも起こるんですね。archbang-openrcは、
archbang-artixにしていかないとだめってことですかね。

vmware上でカーネルパニックが起こっては、
chrootもできないし、素人にはお手上げです。
~/vmware内の当該ディストロフォルダ内のファイルを
いじって治るってことは不可能に思えます。

じつは、vmware上にあるってことの気軽さも手伝って、
archbang-openrcをarchbang-artixにする実験をしようとしていて、、、
まずその前にフル更新をやってから、と更新したら
このような状況に遭遇しちゃったってことでした。

vmware上にarchbangのopenrc版をインストールしている
人の今日この頃の更新は、要注意です!

更新パッケージは、100ぐらいはありましたが、
リストの控えは取っていません。
vmwareとの整合性が壊れたのは確かです。


同じくvmware上にある、artix-lxqt-rollingは、
フル更新して、問題なかったです。archlinuxのrepoの
[extra]と[community]を使っていて、archlinuxと等速です。
カーネルは、4.9台で、openrcのバージョンは、0.28。
システムとopenrcが一体化されていないと
こんなことも起こるってことで、artixへの流れは加速する?
でも、本体システムの更新が遅めってのがねえ。

archbang-openrcは、もはやリアルインストールした
ものしかなくなりました。どれかひとつを犠牲にする
覚悟で、artix化実験するしかなくなりました。


posted by ブログ開設者 at 19:25| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

[multilib]で32ビットライブラリを入れている場合のアップデート不具合。archbang-openrc-x86_64

たぶん。archisoコマンドを使ったときに、
入れちゃったままのためだと思います。
一時期、”じぶんディストロ”に挑戦しようと
思った過去がありました。/(^^;

gccとgcc-libs-multilibがぶつかります、、、
みたいな表示が出て、更新できなくなりました。

やったこと。

$ sudo pacman -Su --ignore gcc-libs,gcc-libs-multilib,lib32-gcc-libs,gcc

これで、ignoreしていなものは、更新できました。

$ sudo pacman -S gcc-multilib
resolving dependencies...
looking for conflicting packages...
:: gcc-multilib and gcc are in conflict. Remove gcc? [y/N] y

Packages (4) gcc-7.1.1-4 [removal] gcc-libs-multilib-7.2.0-1
lib32-gcc-libs-7.2.0-1 gcc-multilib-7.2.0-1

$ sudo pacman -R gcc-multilib
$ downgrade gcc

(2)のgcc-7.2.0-1 を選択。gccの更新をストップさせる。

$ sudo pacman -Syyu
:: パッケージデータベースの同期中...
core 124.4 KiB 2.76M/s 00:00 [######################] 100%
extra 1670.0 KiB 7.22M/s 00:00 [######################] 100%
community 4.0 MiB 5.08M/s 00:01 [######################] 100%
multilib 172.6 KiB 8.43M/s 00:00 [######################] 100%
arch-openrc 98.1 KiB 2.40M/s 00:00 [######################] 100%
arch-openrc.sig 310.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
arch-nosystemd 28.5 KiB 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
arch-nosystemd.sig 566.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
archlinuxfr 15.3 KiB 59.4K/s 00:00 [######################] 100%
:: システム全体の更新を開始...
警告: gcc: パッケージの更新を無視 (7.2.0-1 => 7.2.0-2)
何も行うことがありません

試しに、pt3受信コマンドのtuneをmakeしました。
アイコンが、実行コマンド型にならないで、
テキストのアイコンになっています。
(使っているアイコンテーマは、adwaita)
でも、動作はふつうにしました。

[multilib]からのgcc32ビットライブラリ群と本体側64ビットの
gccのバージョン更新のズレが影響しているようですね。
賢者の皆様は、動かざること山の如し、が正しい姿勢と思われます。
待っているだけで、更新できる日が来ると思われます。

なお、arch-openrc、arch-nosystemdは、停止されており、
近々接続もできなくなる恐れがある、と思います。

openrcパーツの更新がなくても、セキュリティに問題がない
とかなら、artixに作り変えないで、このまま使っていこうかな、
と。archlinux部分は全面的に更新できますからね。
でもarchbang-openrcだけで、10ぐらいあります。
artixだって、単なる気まぐれでやってみただけ、
ってこともありやなしや。

11月には廃止されるarchlinux-i686(systemd)
のメンテを引き継ぐ人っていないんですかね。
たいへんな作業量でしょうけど。
archlinux-i686も、archbangのカタチで、
20ぐらいもあるもので、、、。


posted by ブログ開設者 at 07:43| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

カーネルビルダーの使い方、ご案内がありました。APorteus

nekoさんが、このひとつ前の投稿に
コメントをお寄せくださいました。
ご覧になれば、お解りいただけると思います。

ポイントは、
カーネルを変えたい生成済みisoを直接指定すること。
isoビルダーisoのカーネルをアップグレードしても、
それを使って生成されるのは、当初のカーネルの
ままになるようです。

カーネルをアップグレードしたisoの名前には、
UP.がアタマにつきますが、使うときは、これを
外したほうがいいようです。

デスクトップにbudgieを選んだ場合のデフォルト状態です。
APorteus_budgie_4.13.jpg


posted by ブログ開設者 at 14:06| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする