2017年06月15日

連続カーネル更新もglibc問題に変化なし。archbang(archlinux)-i686

→ 4.11.4-1-ARCH → 4.11.5-1-ARCH と
矢継ぎ早にカーネルが更新されました。
たいがいの人は、4.11.4-1-ARCHは、
抜けてしまうでしょうね。アッという間に、
4.11.5-1-ARCHになりましたから。

言いたいことは、カーネルを上げても問題ないけど、
glibcは、glibc-2.25-1にホールドしたままでないと、
システムが起動しなくなる、ということでごわす。
確かめたので、たしかです。

きょうもちょっと、いろいろ探究したんですけど、
真実、何が悪くてこうなのか、判りませんでした。


posted by ブログ開設者 at 18:45| Comment(4) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ROSA.FRESH.GNOME-R9-x86__64

リヒャルト・ゾルゲの遺伝子がどこかに潜んでいそうで、
ずっと訝しげに眺めておりました。
deepinよりは危なさはマシかもしれないですけど、
今回だいぶダウンロードにかかる時間が短くなったので、
ROSAを試してみることにしました。

始祖をマンダラケとしているところは、mageiaと変わらない
と申しましょうか。たまたまダウンロードしたのがgnome版で
xfce版にしたmageiaとは雰囲気が違うんですけど、
触ってみると中身は、mageiaとほとんどおんなじですね。

mageiaで云うコントロールセンターはなく、
「install & remove」というツールに一元化されていて、
リポジトリの設定、パッケージのアップデートを含めて
なんでもこれでやるようです。

フラットアイコンがきれいです。

liveで、日本語を打てるようにできます。
anthy,ibus-anthyをインストールし、
$ ibus-setup
で、ibus-daemonを起動しつつ
セットアップツールで、「あち」と「japanese」をadd。
ログインしなおして、アイコン整列画面から、
「settings」を立ちあげ、「region & language」で、
お決まりの設定をすれば、すぐ打てるようになります。
ただ、日本語デスクトップ環境には、再起動しないと
ならないようで、liveではムリのようです。

その前の問題として、日本語のデスクトップ環境の用意は、
デフォルトではされてなく、
$ sudo urpmi psi-lang-pack-ja
などとランゲージパックをインストールする
必要があります(インストールして
再起動した場合のみ有効にできます)。

i586のリポジトリとも接続でき、mageiaでできることは、
すべてできると思います。

似たのに、openmandriva-lxというのがあります。
竹がビジュアルに出てきたり、和風です。

ROSA_desktop.jpg

ログインしなおしますと、デスクトップのこの体裁は消失し、
左横にランチャーのある
ふつうのgnomeのデスクトップになってしまいます。
起動が間に合っていないんですかね。

ROSA_icons.jpg


posted by ブログ開設者 at 11:53| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

brother_usb接続printer dcp7030設定。mageta-6-rc-xfce-x86_64

使っている機種は、dcp7030(複合機,faxはなし)です。
同社のインストールは、だいたい似ていますから、
参考になれば幸いです。

ドライバが32bit用しかない場合、
32bitライブラリの追加が必要です。
dcp7030は、それに該当します。
あとは、cups関係も、sane関係も、
フルでデフォルトインストール済みです。
必要なのはドライバと必要な設定だけです。

「mageiaコントロールセンター」を起動。
「インストールとアップデートのためのメディアを選択」を開く。
「Core 32bit Release」にレ点を入れイキにして窓を閉じる。
「RPMをインストール/アンインストール」を開く。
検索窓で検索して
libstdc++5-3.3.6-15.mga6.i586をインストールする。

brother社サイトを訪れ、当該機種のrpm版の
「簡易インストーラー」のをダウンロード。
$ cd ~/ダウンロード
落としたドライバのアーカイブを解凍後
$ sudo bash linux-brjprinter-installer-2.1.1-1 DCP7030
でインストール開始(コマンドの後ろのプリンター名は、私の場合)。
インストール途上のurlの指定、テスト印刷はnoして終える。

webbroserで、127.0.0.1:631を開き、
タブPrintersを開き、じぶんのプリンターが
リスティングされていれば、たぶん成功。
成功しているかどうかの目処は、
プリンター名をクリックして開いた画面の
Connection:
のところの文字列が、usb://Brother/DCP-7030?serial=000C0N866017
みたいになっていること。

失敗しているみたいなら、
usb接続されているプリンターの電源がon
であることを確かめ
$ sudo /usr/local/Brother/sane/brsaneconfig3
(brsaneconfig3の後ろの数字は、機種により2〜4)
で、インストールできるでしょう。
動かなかったプリンターはcups画面で削除できます。
(Administrationをクリックして上から3番目に
Delete Printerがあります)
userを聞かれたら、root。
パスワードもrootに設定したもの。

lan接続する場合の設定は、
connectionのアドレスが、dcp7030の場合
lpd://192.168.1.25/BINARY_P1
ip番号は任意。プリントサーバーなり
デバイスサーバーの設定画面で割り振った
番号にします。BINARY_P1も、メーカーが決めた
dcp7030特有の名前だと思います。
(メーカーに聞けば教えてくれます)
指定するppdファイルの場所は、
/usr/share/cups/model/内にインストールされているはずです。
dcp7030の場合のファイル名は、DCP7030.ppd

スキャナは、saneのリストからbrotherさんは、
ばぶんちょされていますので、ルール設定が必要です。
$ sudo nano /etc/udev/rules.d/40-libsane.rules
記述:
# Brother scanners
ATTRS{idVendor}=="04f9", ENV{libsane_matched}="yes"

ベンダーidの指定しかないですが、これで動きました。
どの機種でもこれでいいのかも。2つほどのデバイスサーバーと、
アクセスポイント使用に設定したusb接続ポートありの
無線LANルーターでの接続に執念を燃やしましたが、
llinux上、lan接続でのスキャナを動かすことに成功していません。
(双方向通信状態が構築できないとダメみたいです)
ま、今日的には、lan接続できない機種は、
インクジェットの複合機でもないようですから、
多くのみなさんには無用の話でしょう。

と、まあ、mageia-6では、pt2(pt3)を含め
だいたいのデバイス付き合いができます。
使い勝手も、magei-4のときに
比べ、向上してきているように感じます。

デフォルトで入っているfirefoxが、ときどき、固まります。
放っておくと、また動き出します。


posted by ブログ開設者 at 18:26| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする