2017年12月08日

jpnサーバー復旧。手当の仕方一例。archbang32系全域

20171208 06:43現在、
jpnサーバーがつながるよになっています。

手当的には、こうやっておけば、と思います。
$ sudo pacman -S archlinux32-keyring-transition
 ※archlinux32-keyring削除に同意する。
$ sudo nano /etc/pacman.conf
追記:
 IgnorePkg = archlinux32-keyring-transition
$ sudo pacman -Syyu
:: システム全体の更新を開始...
警告: パッケージの置き換えを無視 (archlinux32-keyring-transition-20170628-1 => archlinux32-keyring-20171113-2)

 で、ふつうに更新候補確認&更新できたら、ok。

2018年4月ぐらいだったか、
次のarchlinux32-keyringが
更新されるときには、IgnorePkgの
archlinux32-keyring-transitionを
外せるようになる、と期待。警告:に出る
archlinux32-keyring-20171113-2
の日付の辺りを覚えておきましょう。
新しいのが出たときは、変わっています。


posted by ブログ開設者 at 06:47| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

repoの問題、半解決しました。archlinux32およびarchlinux32に変身した旧archlinux-i686

$ sudo pacman -S archlinux32-keyring-transition
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...
:: archlinux32-keyring-transition と archlinux32-keyring が衝突しています。archlinux32-keyring を削除しますか? [y/N] Y

パッケージ (2) archlinux32-keyring-20171113-2 [削除]
archlinux32-keyring-transition-20170628-1

合計ダウンロード容量: 0.01 MiB
合計インストール容量: 0.02 MiB
最終的なアップグレード容量: -0.03 MiB

:: インストールを行いますか? [Y/n] Y
:: パッケージを取得します...
エラー: ファイル 'archlinux32-keyring-transition-20170628-1-any.pkg.tar.xz' を jpn.mirror.archlinux32.org から取得するのに失敗しました : SSL: no alternative certificate subject name matches target host name 'jpn.mirror.archlinux32.org'
archlinux32-keyring... 14.3 KiB 82.6K/s 00:00 [######################] 100%
(1/1) キーリングのキーを確認 [######################] 100%
(1/1) パッケージの整合性をチェック [######################] 100%
(1/1) パッケージファイルのロード [######################] 100%
(1/1) ファイルの衝突をチェック [######################] 100%
(2/2) 空き容量を確認 [######################] 100%
:: パッケージの変更を処理しています...
(1/1) 削除 archlinux32-keyring [######################] 100%
(1/1) インストール archlinux32-keyring-transition [######################] 100%
==> archlinux32.gpg からキーを追加...
==> キーリングの信頼されたキーに署名...
-> キーに署名 CE0BDE71A759A87F23F0F7D8B61DBCE10901C163...
-> キーに署名 A0B250C0FC9FC079EC04ADB7A50C0F20AEC3AF00...
-> キーに署名 194E37A47A4C671807BACB37B1117BC1094EA6E9...
==> 所有者信頼値をインポート...
gpg: inserting ownertrust of 4
gpg: setting ownertrust to 4
gpg: setting ownertrust to 4
==> 信用データベースを更新...
gpg: marginals needed: 3 completes needed: 1 trust model: pgp
gpg: 深さ: 0 有効性: 1 署名: 8 信用: 0-, 0q, 0n, 0m, 0f, 1u
gpg: 深さ: 1 有効性: 8 署名: 77 信用: 0-, 0q, 0n, 8m, 0f, 0u
gpg: 深さ: 2 有効性: 71 署名: 13 信用: 71-, 0q, 0n, 0m, 0f, 0u
gpg: 次回の信用データベース検査は、2018-04-13です
:: トランザクション後のフックを実行...
(1/1) Arming ConditionNeedsUpdate...

■以下はテスト。
[xxx@130909 ~]$ sudo pacman -S kpatience
警告: kpatience-17.08.3-1 は最新です -- 再インストール
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...

パッケージ (1) kpatience-17.08.3-1

合計インストール容量: 5.72 MiB
最終的なアップグレード容量: 0.00 MiB

:: インストールを行いますか? [Y/n] Y
(1/1) キーリングのキーを確認 [######################] 100%
(1/1) パッケージの整合性をチェック [######################] 100%
(1/1) パッケージファイルのロード [######################] 100%
(1/1) ファイルの衝突をチェック [######################] 100%
(1/1) 空き容量を確認 [######################] 100%
:: パッケージの変更を処理しています...
(1/1) 再インストール kpatience [######################] 100%
:: トランザクション後のフックを実行...
(1/4) Updating icon theme caches...
(2/4) Arming ConditionNeedsUpdate...
(3/4) Updating the desktop file MIME type cache...
(4/4) Updating the MIME type database...
Unknown media type in type 'all/all'
Unknown media type in type 'all/allfiles'
[xxx@130909 ~]$

日本のjpnサーバーは、
pacman -Syyuとかやると、やっぱりだめです。
インストールで、破損しています、は出なくなります。
archlinux32-keyring-transitionがインストール、反映される
までは、カナダのサーバーですので、途中、
そのような表示が出ています。


posted by ブログ開設者 at 18:48| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本来のmirrorlist。archbang32

どうやら、repoサーバーの
Server = https://jpn.mirror.archlinux32.org/$arch/$repo
に問題があるようです。
ほかのi686でやっても、同じことが起こります。

以下は、archbang32の本来のmirrorlistにある
repoサーバーアドレスです。
------------------------------------------
## Canada
#Server = http://arch32.mirrors.simplysam.us/$arch/$repo

## France
#Server = https://archlinux32.mirror.roelf.org/$arch/$repo

## Germany
#Server = http://archlinux32.vollzornbrot.de/$arch/$repo
#Server = https://archlinux32.vollzornbrot.de/$arch/$repo
#Server = http://mirror.archlinux32.org/$arch/$repo
#Server = https://mirror.archlinux32.org/$arch/$repo
# note: you need to resolve via openNIC (or similar) to access the next mirror
#Server = http://mirror.archlinux32.oss/$arch/$repo

## India
#Server = https://ind.mirror.archlinux32.org/$arch/$repo

## Japan
#Server = https://jpn.mirror.archlinux32.org/$arch/$repo

## Mexico
#Server = https://mex.mirror.archlinux32.org/$arch/$repo

## Singapore
#Server = https://sgp.mirror.archlinux32.org/$arch/$repo

## United States
#Server = https://32.arlm.tyzoid.com/$arch/$repo

------------------------------------------

しばらくは、代替するしかないのかも。


posted by ブログ開設者 at 17:56| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする