2017年12月10日

pt3_recpt1ドライバの進捗? linux

いつもは、その安定度からdvbモジュールを
使っていますが、
昨日、recpt1で久しぶりに観てみました。
dkms化の件でgithubからcloneしたので、
新しいってことなんでしょうかね。

映りが、ずいぶん改善していて、驚きました。
自分の住む集合住宅の屋上でアンテナを工事した
ってことは聞いていません。

画面がチラチラしたり、音が間延びしたりしません。
ただ、観るアプリケーションはvlcで、
2.0.8.a-1(3〜4年前の2.0台の最後のバージョン:archlinux)、
いまの2.2台や3.0よりかなり軽量です)を使いました。
西洋式蹴鞠を一試合観ましても、まったく問題なしでした。
ただ、天気の影響は、こちらの受信方式のほうが顕著で、
きのうは天気がよかったですね。台風の日の、
特に衛星からの電波受信でどうかは、わかりません。

dkmsが上手く働いて(カーネル更新時、未検証)、
カーネル更新の度に、ドライバインストールをしなくてもよく、
映りもバッチリなら、視聴操作もこちらのほうがラク
でもありますし、向上したんであれば、改むるに憚ること勿れ
でいきたいと思っています。テレビは、もうほとんど
観なくなりましたけどね。

関係ない話ですが、現行のテレビの放送画質は、
もはや時代遅れのような気はします。
youtubeにあふれるごとくある1440p以上の画質を
観てしまうと、すごく貧相に感じます。


posted by ブログ開設者 at 08:37| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

usb接続複合機のインストール。vmware&virtualbox arch on arch

使っているのは、dcp7030という
ブラザーの古い機種(モノクロレーザー)。

仮想環境から使えるか、試してみました。
osは、ホストもゲストもarchbang。
プリンター機能もスキャナ機能も
ふつうのインストールの仕方で使えました。

virtualboxのほうは、usbデバイスを
接続するかしないかの段階がありまして、
on設定にしないと、lsusbで複合機が
見えるようになりません。
その点だけですね、注意点は。

ubsfilter.jpg

説明の上の「+」の付いたアイコンをクリックすると、
接続可能なusbデバイスが出て選べます。

プリンタ機能は、LANアダプターに
usb接続しなおしアドレス設定することで
電波データ送信で使えるようになりました。

問題は、pt3などのpciデバイスですけど、
私の能力では使えるようにするのは無理です。
必要なら、すぐ外にある、
ホストで使えばいいか、と。


posted by ブログ開設者 at 14:31| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

virtualbox&vmware workstation playerのsystemdサービス及びカーネルmodule起動項目チェック用

条件:ホストosもゲストosも、
   archlinux本家系init:systemdバージョン。

[virtualbox]---------------------------

◆ホストでは、
$ systemctl
起動するsystemdのサービスは見当たらない。

$ lsmod
vboxpci
vboxdrv
vboxnetflt
vboxnetadp

◆ゲストでは、
$ systemctl
vboxadd-service.service
vboxadd.service
vboxservice.service

$ lsmod
vboxfs
vboxguest
vboxvideo


[vmware workstation player]------------

◆ホストでは、
$ systemctl
vmware-usbarbitrator.service
vmware.service

$ lsmod
vmnet
vmw_vsock_vmci_transport
vsock
vmw_vmci
vmmon

◆ゲストでは、
$ systemctl
vmtoolsd.service
vmware-vmblock-fuse.service

$ lsmod
vmw_vsock_vmci_transport
vsock
vmwgfx
vmw_vmci
vmw_balloon


posted by ブログ開設者 at 12:17| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする