2017年02月10日

APorteus-LXDE_ja-v17.02.07-x86_64.iso

nekoさんから、APorteus-LXDE_ja.iso作成例
アップロードのお知らせがありました。
ブラウザ、オフィス等、
主要アプリケーションは、入っていません。
ままでは、日本語も打てません。
じぶんで、インストールするかたちになります。
aporteusを扱う練習に好適ですね。
archlinuxでやれることは、ほぼ
なんでもやれます。

マニュアルは、2016年の11月から12月にかけての
nekoさんのコメントを参照してください。

落とし処:
http://forum.porteus.org/viewtopic.php?f=75&t=4997&start=90#p50011
i486版もあります。

vmwareで試しただけですが。
2017-02-10-094427_1680x1050_scrot.jpg

uname-a.jpg

menu1.jpg

menu2.jpg


posted by ブログ開設者 at 10:09| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

aporteus_jaでの時刻表示問題、解決しました。

私のミスで、お騒がせしてしまいました。
下記のコマンドが上手く実行できていませんでした。

($ sudo rm /etc/localtime)
$ sudo ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

失敗してもファイルは生成されるんですよね。
中をみれば、なんと空。
存在しないファイルのリンクファイルを作っていたが
ために、システムクロックにlocaltimeが
反映されていなかっただけ、というお粗末の一席。
どうかお許しくださいませ。

そういう状態でも、xfce4パネルの時間表示アイテムで、
設定すれば、日本時間をできるんです。でも、
システムutc設定になっている、、、。
たぶん私、あれ、とは思ったんでしょうけど、
xfce4のパネルのアイテムで日本時間に
できたものですから、不具合を放置しちゃったんだと
思います。

きょうの教訓。ln -s コマンドでリンクファイルを
作成するときは、リンク元のpathには十分に気をつけて。
コマンドとしては存在しないファイルからでも
通ってしまうようです。

nekoさん。私の不行き届きで、
実りの得ようのないご探索をさせてしまい.ました
心よりお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。


posted by ブログ開設者 at 10:43| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

alpine-170204-x86.iso

openrcのlinux。archbangプロジェクトの人たちと親しくて
archbangからの推奨というようなことみたい。

isoは、インストーラーだけ。
ログインは、rootでパスワードなし。

apk add コマンドであれこれインストールして構築するようだ。
軽量化が目標みたい。どこまでやりたいことができるか
は不明。

じぶん的には、いちいち面倒くさいタイプかな?
インストールして試したい向きは、
下記のyoutube動画がわかりやすい。
動画を見たかぎりでは、インストールは簡単そう。
xfce4がデフォルトの素の状態で入るのは、
いかさない感じ。おれたち!っていう主張を込めなきゃ。
https://www.youtube.com/watch?v=e1Fd5JaI-0Y

vmwareでインストーラーのログインプロンプトが出たところ。
2017-02-06-213540_1680x1050_scrot.jpg

setup-alpine コマンドで
インストーラーが起動するはずなんだけど、
errorがでますね。vmwareでインストールする場合、
cd-rなどに入れてやらないと、
インストーラーが効かないのかな。


posted by ブログ開設者 at 21:39| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする