2017年12月11日

x-www-browserに設定されているブラウザの変更方法。linux

知りませんでした。

$ sudo update-alternatives --config x-www-browser
alternative x-www-browser (/usr/bin/x-www-browser を提供) には 2 個の選択肢があります。

選択肢 パス 優先度 状態
------------------------------------------------------------
* 0 /usr/bin/firefox-esr 70 自動モード
1 /usr/bin/chromium 40 手動モード
2 /usr/bin/firefox-esr 70 手動モード

現在の選択 [*] を保持するには 、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 1

-------実行後の表示はここまで

最近インストールしたsalentOS2.0で直面した課題でした。
設定ファイルがどこにあるのか、判りません。

変更したいのがターミナルだったら、コマンドのお尻を、
x-terminal-emulator
ファイルマネージャーとか、メーラー用はないみたいです。
あと、あるのは、

x-cursor-theme
x-session-manager
x-window-manager
editor
pager


こんな感じです。デスクトップは、opneboxなんですから、
~/.config/openbox/menu.xmlのファイル編集で
直のコマンドにすればいいだけのことなですが。
debian独特のものですかね。このコマンド、archlinuxにはないですね。
xfceの「お気に入りのアプリケーション」みたいなものですね。
じつは、これも入っています、salentOS2.0には。
リンクをクリックして開くブラウザは、こっちの設定です。


posted by ブログ開設者 at 20:50| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

virtualboxでも動作。mintlinux18.3-mate-amd64 ホスト:archbang-20121027-x86_64

なんだったのだ、あの長きにわたる苦闘は。
という感じの結論です。
virtualboxでも、64bitのmintlinuxは動作しました。
なぜだろう。

そもそもVT-dというintelの技術は、
ホストとゲストの両方が動くことでの
ハードへの負荷を緩和、抑制する技術だそうです。
ハードが非力だから、
64bitのosが起動できない、という
返事だったんでしょうかね。
intelに直接聞いたと思うんですけど。

動かせられなくて、アタマに来て、
corei5 4590s+マザーボードも買ったりしました。
カネ返せー。

ゲストosのlinuxmintでfullscreenにするため
インストールすべきは、
virtualbox-guest-utils
virtualbox-guest-additions-iso
virtualbox-guest-dkms
virtualbox-guest-x11

の4つ(依存パッケージも一緒に入ります)
syanapticでインストールすると簡単です。
設定が要らないところがmintらしい。
数回起動しなおせば、ログイン後fullscreenに
なって、デスクトップが現れます。

mate環境は、仮想にはちょっと重いです。
私のハード環境では。動画の1440pは無理ですね。

cpuコアの数を4コにするのを忘れました。


posted by ブログ開設者 at 20:03| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

corei5 2405Sで動くpcの仮想環境で、64bitOS起動。vmware / archbang-20121027-x86_64

3年半ほど前、corei5 2405付きpc上、
virtualboxで、どうやっても64bitOSが動作せず、
原因を調べて、

VT-d.jpg

スペック表にあるように、VT-dなしで、
それがために、起動できないってことで
一件落着のはずでしたけど、
vmware workstation player14に取り込むと、
liveでも動作、インストールしても動作可です。

ハードのcpuがそうであるなら
上にのっかったソフトウェアがなんであろうと、
ダメだろうと思うじゃないですか、
そりゃ、お前だけ?

もういちどvirtualboxで64bitOSを
動かしてみて、決着をつけたいと思います。

実験に使ったのは、mintlinux18.3のmateでした。
人気トップのことだけはありますね。いろんな意味で
「詰め」がしっかりしています。
WindowsやMacをやめられる立場になったら、
とりあえず、linux始めとして、mintを入れておけば、
不満は少ないでしょう。

mint.jpg


posted by ブログ開設者 at 18:33| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする