2017年09月27日

対artixで、signature error発生 --> 正常化 --> 再度error。archbang-artix

$ sudo pacman -Syyu
:: パッケージデータベースの同期中...
system 153.4 KiB 2.50M/s 00:00 [######################] 100%
system.sig 652.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
エラー: GPGME error: データがありません
エラー: system の更新に失敗しました (無効または破損したデータベース (PGP 鍵))
world 101.2 KiB 9.88M/s 00:00 [######################] 100%
world.sig 652.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
エラー: GPGME error: データがありません
エラー: world の更新に失敗しました (無効または破損したデータベース (PGP 鍵))
galaxy 11.8 KiB 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
galaxy.sig 652.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
エラー: GPGME error: データがありません
エラー: galaxy の更新に失敗しました (無効または破損したデータベース (PGP 鍵))
extra 1654.1 KiB 899K/s 00:02 [######################] 100%
community 4.0 MiB 2.50M/s 00:02 [######################] 100%
archlinuxfr 13.6 KiB 54.5K/s 00:00 [######################] 100%
エラー: データベース 'system' は無効です (無効または破損したデータベース (PGP 鍵))
エラー: データベース 'world' は無効です (無効または破損したデータベース (PGP 鍵))
エラー: データベース 'galaxy' は無効です (無効または破損したデータベース (PGP 鍵))
$ LANG=en
$ sudo pacman -Syyu

error: GPGME error: No data
error: GPGME error: No data
error: GPGME error: No data
:: Synchronizing package databases...
system 153.4 KiB 2.50M/s 00:00 [######################] 100%
system.sig 652.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
error: GPGME error: No data
error: failed to update system (invalid or corrupted database (PGP signature))
world 101.2 KiB 9.88M/s 00:00 [######################] 100%
world.sig 652.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
error: GPGME error: No data
error: failed to update world (invalid or corrupted database (PGP signature))
galaxy 11.8 KiB 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
galaxy.sig 652.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
error: GPGME error: No data
error: failed to update galaxy (invalid or corrupted database (PGP signature))
extra 1654.1 KiB 862K/s 00:02 [######################] 100%
community 4.0 MiB 1664K/s 00:02 [######################] 100%
archlinuxfr 13.6 KiB 54.5K/s 00:00 [######################] 100%
error: database 'system' is not valid (invalid or corrupted database (PGP signature))
error: database 'world' is not valid (invalid or corrupted database (PGP signature))
error: database 'galaxy' is not valid (invalid or corrupted database (PGP signature))

んー。理由がわかりません。問題は、artix部分
ということだけは判りますが、、、。
upgraded geoip-database (20170801-1 -> 20170905-1)
のときが、怪しいのかな。vmware上のarchbang-artixでは、
ダウングレードもできませんでした。

無関係のようです。

artix的にはまだなんの動きをもないですね。
archbangのforumも無音です。待つしかないような。
治すにも、システム内でやれることに限られる
状態で、治せるんですかね。

本家のartix-linux(lxqt)でも同じ状況です。

↓  ↓  ↓  ↓
/etc/pcman.confの41行目を、
SigLevel = Never #Required DatabaseOptional
にすると、更新はできるようになりますが、至って
無防備になるわけで、危ない、といえば、危ないです。


↓  ↓  ↓  ↓
20170927 17:41現在、正常化しました。
動かず待つだけで、正解でした。


↓  ↓  ↓  ↓
なぜか、また、エラーです。
20170928 00:16現在。


posted by ブログ開設者 at 07:28| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

vmware-tools(open-vm-tools)とそれをインストールするopenbox環境との問題。linux

下記のようなフルスクリーン状態を解消すべく
いろいろやっているのですが、解消できません。

4bunkatsu_fulscreen.jpg

もう一度、ログアウトログインすれば、
適正表示になります。が、ひと手間多くなるのが
どうにも気に入らないですねえ。

どうやら、vmwareとopenboxの間における問題のようです。
ベースが、archlinuxじゃなくdebianなんかでも、
デスクトップがopenboxだと、同じ症状が出ますから。
そして、これが、lxqtやxfceなど、ほかのデスクトップだと
症状を呈しません。同じようにインストール、
設定してもです。

vmware-toolsの起動は、openboxの場合、
$ sudo /usr/lib/vmware-tools/bin64/vmware-user-suid-wrapper
です。ほかだと、
$ sudo /usr/bin/vmware-user
で起動したりとか。ちょっと違う面もあります。

ちなみに、openboxで
$ sudo /usr/bin/vmware-user
とすると、
vmware-user: could not open /proc/fs/vmblock/dev
という表示が出てしまいます。

とりあえopenboxで、vmware-toolsを使うときには、
こういう状況があるってことを認識しておいてください。
実感としては、何をやっても無駄な抵抗、みたいな気分です。
もしも、解消する手立てがあるなら、教えてほしいです。

なお、ホスト <--> ゲスト間のコピペとか、
usbフラッシュメモリの認識は、問題ないです。
つまり、最初のフルスクリーンにする
ところ以外vmware-toolsの機能には、問題がありません。


posted by ブログ開設者 at 11:36| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

archbang-artix-210917。 vmware / debian-9.0.0

vmware上インストールしました。
いちおう、名前にrcが取れたので、
正式のリリースってことだと思います。

でも変わったのは、wallpaperをはじめ、
パネルのタスクの背景色とか、conkyの
見出しが黒だったのを白にしたとか、
obconfのテーマをonyx-citrusにしてあるとか、
見え方を少しいじったぐらいですかね。
アイコンなどの変更に便利な、
lxappearanceも入っています。

主要4ツールは、
firefox-55.0.3
pcmanfm-1.2.5
lxterminal-0.3.0
mousepad-0.4.0

そのほか、
deadbeef, qt-v4l2-test-utility,gpartedなど。

パネルは、tint2を採用。

openboxのメニューの一番上には、
run programというコマンド起動のための
窓が出るツールがあります(名前は?)。

カーネルは、4.9.44-1-lts。

perl-xml-parser(2.44-6)のバージョンを、
2.44-4にdowngradeしないと、
openboxのメニューのApplications以下の
メニューが出ません。
これは、前回のrc版のまま修正されて
いませんね。

2017-09-22-192548_1680x1050_scrot.jpg

firefoxでの音出し:
$ sudo pacman -S pulseaudio pulseaudio-alsa
$ pulseaudio --start


常時音がでるようにするには、
$ sudo nano ~/.config/openbox/autstart
追記:
pulseaudio --start &

タイムゾーンをちゃんと設定しても、
じぶんの場合、効いていないです。
手動で設定する必要があるかもしれません。


posted by ブログ開設者 at 19:33| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする