2017年07月26日

usbでのマルチブートは、失敗でした。APorteus

usbフラッシュメモリの4つ目に入っている、
APorteus-OPENBOX_ja-v17.07.18-x86_64を
いじっていてフリーズ。強制再起動したら、
速度がまったく出なくなって、何十分の一ぐらいの
転送速度になっちゃいました。

ハード的に壊れた感じです。フォーマットしなおしたり、
ddコマンドを使っているであろうAPorteusの
live-usbコマンドで再インストールしてみても、
改善しないので、おそらくそういうことだろうと思います。

壊れる以前も、同じドライブの中に同じAPorteusの
バージョン違い等が同居していることで、いろんな症状が出やすく、
いちいちUUIDで特定しなきゃならないこともありました。

安定状態で使うには、usbフラッシュメモリまる一本を
APorteus用に用意し、デフォルトインストーラーの
live-usbを使ってインストールするのが確実だと思います。
容量は、8gbか、4gb。いろいろ作業をしようと
思うなら、APorteusからマウントできる
容量に余裕のあるhdd等のlinuxパーティションが必要ですけど。

m.2のssdにひとつ入れているAPorteus(手動インストール)は、
いまだに絶好調で、メディアとの相性もぴったりのようです。
速さはもちろんとして、操作に対する反応の安定性も
しっかりしています。

ただメディアがなんであれ、APorteusを
同じドライブに複数入れるのは、やめたほうが
いいかもしれません。
インストールしたあと、本体起動するときには、
インストールメディア(cd-r等)は、抜いてください。
mbmの画面で間違いなく起動させても、
ドライブにAPorteus入っているのを見つけると、
そっちに頼るようなことが起こります。

それにしても64gbを失ったことは、
ちょっぴりショック。
単に保存用として、fat32でフォーマットしても、
復活しないでしょうかね。


posted by ブログ開設者 at 23:11| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起動しました、oblogout。APorteus-OPENBOX_ja-v17.07.18-x86_64.iso

nekoさんが早々と対応してくださいまして、
oblogoutが動くようになりました。
詳しくは、「起動しない、oblogout。APorteus-OPENBOX_ja
-v17.07.18-x86_64.iso」の記事のコメント欄をご覧ください。

activateしてのdefaultの状態は、こんな感じです。
oblogout_icon.jpg

ログアウトのアイコンをクリックすると、
oblogout_item.jpg

じぶんとしては、やっぱりtint2はあったほうが
使いやすいですね。


posted by ブログ開設者 at 22:38| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pt3(dvb)での受信状態についてのひと工夫。linux

あるチャンネルがワンセグでしか映らない、ことが多いです。
在京チャンネルの場合、7がそうなることが多いです。
ubuntu17.04なんかは大丈夫なのですが。

嗚呼、このチャンネルは、受信状態として良くなく
そうなってしまう、と諦めるのは早いです。

在京チャンネルの場合、9で受信し、
フルセグ表示(vlc)させてから、
7に変えるとフルセグで表示できるように
なったりします。

受信状態の問題なのか、vlcの影響なのか、
けっこう微妙ですよね。vlcのバージョンは、2.2.6です。
受信は、tuneコマンドです。


さっき、pt3を検索したら、値段が出てきて、
びっくりしました。売り出し値より
安いうちに買っておいてよかった。
一万円ちょっとじゃなかったか、と。
いまが売りごろなんでしょうねえ。
しほん家たちは、黙って何枚も買い
眠らせておいて、さも希少のように装い、、、?

デバイス実験をやっているだけで、テレビなんて見ないし、、、。
でもたかが一枚を売ってみても、何日分の食費に?


posted by ブログ開設者 at 07:23| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする