2024年04月17日

hyprlandの現状(問題解決追記)。archbang(openboxから同ウィンドウマネージャーに変更したタイプ

hyprlandが、0.39.1-1になって、
リアルインストールしているほうのarchbangは、
問題がなくなっています。
上辺の赤い帯のエラー表示はなし。

仮想環境vmware workstation player-17.5.0に
インストールしているほうのarchbangは、
同じようにして、カーソルが出なくなりました。
いまのところ直し方がわかりません。
カーソルが見えないだけで、マウスを動かして、
フォルダやファイルが反応しています。
ちょっとしたことなのですが、そのちょっと
したことが難しいですね。

リアルインストールのほうも同じか確かめましたら、
まったく問題がなくて、意外でした。

以下は、hyprlandのバージョンが上がるときの注意点です。
バージョンがあがると、当然のことながら、 
/usr/share/hyprland/hyprland.confは、
インストールされた新ファイルによって、
置き換えられます。
再起動して新しく立ち上げたとき、
カスタマウイズしていた~/.config/hypr/hyprland.confが
それはおかしいと怒られます。
単なるコメント行でも違う!と怒られます。

ですから、
~/.config/hypr/hyprland.confがをバックアップして、
$ cp /usr/share/hyprand/hyprland.conf ~/.config/hypr/.
とコピーし、カスタマイズしたところを
2つのファイルを見比べながら、
加筆しないと、元どおりにはできません。。めんどくさ!

仮想環境のほうのhyprlandでカーソルが出なくなりましたが、
wayfireで立ち上げると、問題なくカーソルは出ています。
なぜ出ないのか、わかりません。
両方で出ないなら、バグかな、で済むのですが。
i私としては、設定ファイル上の問題でないなら、
打つ手なしです。

hyprlandの
focus_follows_mouse no 的設定場所がわかりました。

~./..config/hypr/hyprland.confの30行目付近のブロック内。
デフォルトで1となっているところを。0に。

# For all categories, see https://wiki.hyprland.org/Configuring/Variables/
input {
kb_layout = us
kb_variant =
kb_model =
kb_options =
kb_rules =
follow_mouse = 1 -> 0
touchpad {
natural_scroll = false
}
sensitivity = 0 # -1.0 - 1.0, 0 means no modification.
}


↓  ↓  ↓  ↓
仮想環境にインストールしたほうのarchbangが。
カーソルがデスクトップ上、見えなくなっていました。
リアルインストールのものと、ひとつだけ違いがありました。
リアルインストールのほうの起動カーネルがlts版でした。
仮想環境のほうでもlinux-ltsカーネルをインストール。
起動してみました。見えなくなっていたカーソルが
見えるようになりました。

カーネルで見えたり見えなかったり、って
するものなのですねえ。知りませんでした。
linux-ltsのバージョンは、6.6.27-1-ltsです。
デフォルトカーネルは、6.8.6-arch1-1。

↓  ↓  ↓  ↓
カーソル消失の件、リアルインストールのarchbangを使って、
デフォルトカーネルで試しました。
問題なく、カーソルは現れました。

つまり、vmware workstation player17.5.0の
対応上の問題なのかも。ホスト側じゃなくゲスト側の、
カーネルの影響を受けたのは、初めての経験です。
カーネルバージョンは、6.8.6-arch1-1。


posted by ブログ開設者 at 12:01| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。