2024年03月02日

(一部訂正)aurからのソースを使ってrtl88xxauモジュールをarchlinux以外へ反映。無線LanアダプタWI-U2433DHPのドライバの話。


aur rtl8812auでネット検索して、下記タイトルのページへ。
「Package Details: rtl8812au-dkms-git 5.13.6.r129.g0fe44f8-1」
Download Snapshotをクリックしてダウンロード。
捕獲したrtl88xxau-aircrack-dkms-git.tar.gzを解凍。
rtl88xxau-aircrack-dkms-gitの中をまさぐる。
/home/USERNAME/ダウンロード/\
rtl88xxau-aircrack-dkms-git/pkg/rtl88xxau-aircrack-\
dkms-git/usr/src/rtl88xxau-r1283.a3e0c0b を見つける。

$ sudo mv rtl88xxau-r1283.a3e0c0b /usr/src/.
$ cd /use/src
$ sudo mv rtl88xxau-r1283.a3e0c0b rtl88xxau-dkms-r1283.a3e0c0b
$ cd rtl88xxau-dkms-r1283.a3e0c0b
$ sudo dkms add -m rtl88xxau-dkms -v r1283.a3e0c0b
$ sudo dkms build -m rtl88xxau-dkms -v r1283.a3e0c0b
$ sudo dkms install -m rtl88xxau-dkms -v r1283.a3e0c0b
$ sudo modprobe 88XXau

    上記コマンドで、場所移動(cd行)が抜け落ちていました。
     GUIで作業しておりファイルマネージャー上で移動し、
     「ここでターミナルを開く」ばかり
     使う横着さゆえのミスでした。m(_ _)m   

archlinux本家系だけwifiにつながっている
だけでは、つらい。ってことで、
ほかに反映できないか試しました。
実験台は、fedora39のworkstation(gnome)。

rtl88xxau-r1283.a3e0c0bに存在する
ビルドの元となるソースの
rtl88xxau-r1283.a3e0c0b/src/rtl8812au/dkms.confでは、
バージョン名が5.6.4.2~20230501となっており、
いまだに更新されていません。
そこから、どこをどういじったか素人には
わかりませんが、カーネル6.7以降に
ドライバを対応させたようです。

aurにいつまで存在するか、わかりませんが、
進度の早いarchlinuxのaurにあることで、
いくらか、気分が落ち着きました。
元ドライバが更新されそうになかったので、
wifiアダプタが使えるのもこれまでか、と思っていました。
まあ、よかったです。

rtl8812au_load.jpg


posted by ブログ開設者 at 10:57| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。