2022年07月30日

(日付訂正)archbang-summer-3007-x86_64。vmware workstation player16.2.3 / sparkylinux-6.3-amd64

タイトルのリリースの日付けが違っていました。
2007 は 3007 でした。すみません。

ほぼ2週間ぶりのarchbangリリースです。
変わったところは、ないように思いますが、、、
live上では、/etc/pacman.confで、
SigLevel = Never 
#Required DatabeseOptional
に一旦しないと、pacmanが使えませんでした。
カーネルは、5.18.14-arch1-1。

archlinuxのインストール後、pacmanを
使えるようにするにあたって、
$ sudo pacman-key --populate 
でよくなったようです。このコマンドの
後ろに文字列”archlinux”がこれまで必要でした、
要らなくなったって、案内が
ありますが、それと、live時に、Neverに一旦しなきゃ
ならないことは、関係している?

i3-wmに変えたことで、(週当たりの)ダウンロード数が
減るだろうと思っていましたが、この2週間でもっとも
ダウンロードされているときで、900台ありました。
私の読みが間違っていました。


posted by ブログ開設者 at 17:39| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。