2022年05月25日

legacy bios(dos)で、pbrにgrub2をインストールする場合。fedora36(lxde)

$ sudo grub2-install --target=i386-pc --force /dev/sda9
Installing for i386-pc platform.
grub2-install: 警告: File system `ext2' doesn't support embedding.
grub2-install: 警告: Embedding is not possible. GRUB can only be installed in this setup by using blocklists. However, blocklists are UNRELIABLE and their use is discouraged..
Installation finished. No error reported.
$

grub2-pcが入っていなければ、事前に、
$ sudo dnf install grub2-pc

fedora21から上げてきたfedora34が、
ただ、dnf updateしただけなのに、
ダウンロード後の書き換え時にエラーが出て、
あとの処置もまずくて壊しました。

跡地に、fedora spinからのlxdeのfedora36を
インストールしました。何度か言っていますように、
fedoranおインストーラーでは、grub2をmbrにインストールするか、
ブートローダーをインストールしないかの
二択しかなく、マルチブートのほかのディストロから、
update-gurb(grub-mkconfi)をos-proberを効かせて、
fedora36を拾わせ、そこから本体機動してから、
上記のコマンドを実行しました。
mbrには、mbmが入っているためです。

--target=i386-pc はなくても大丈夫かもしれませんが、
uefi起動パーティショニングと間違わないでね、の印です。


posted by ブログ開設者 at 23:46| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。