2021年11月29日

solus-4.3のvirtuabox-guest状況。

solus-4.0のときにインストールした、
solus(budgie)でのことです
更新しましたら、カーネルは、4.14.246-178.lts。
virtualboxホストは、6.1.30で、osは、sparkylinuxです。
ゲストのsoulusを更新後再起動して、共有フォルダが消え、
適正状態にないことを認識しました。

guest additonsを6.1.30にあげて、改善せず。
少しずつバージョンを下げるも、改善せず。
6.0.18まで下げて改善せず、そこで一旦、
virtubox-guest(virtualbox-gest-commonを含む)を
アンインストール。システムを再起動後、再インストール。
systemdのサービスを、vboxadd、vboxservice、
vboxadd-serviceの順でsystemctl start.
再びシステムを再起動後、正常なゲスト状態に復帰しました。

solusのインストールのとき、選択して、
ltsカーネルにしたのか、選択肢などなく
元からltsカーネルだったのか、失念しました。

したことの何に効果があったのか、判然としませんが、
4.14ぐらいのカーネルの場合、additionsの
バージョンは、きっちり合わせると、上手くいかない
可能性はあるように感じています。

こういったところは、vmware workstation playerの
ほうが安定しています。

solux-4.3_guest_additions_issue_2021-11-29_22-47-17.jpg



posted by ブログ開設者 at 22:44| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。