2021年06月29日

Nvidiaドライバーについて…(2)。APorteus-XFCE_ja-v21.06.23-x86_64(usbメモリインストール)

nvidia(465.31-1)は効いていず、実質nouveauで
ディスプレー表示しているのかが気になり、
確かめました。

$ sudo nano /etc/modprobe.d/nouveau.conf
blacklist nouveau

ひょっとしたら、ブラックアウトするかもしれない試みですが、
ちゃんとディスプレー表示しました。
やっぱりnvidiaが効いているってことじゃないかって。

試みの前に、nouveauに戻して表示の具合を診ていますが、
最初の時ほど動画はひどくはなかったけど、やっぱり再生中に
止まったり、音楽が少しスローになっている感じはありました。

で、nvidiaドライバー関係がロードする状態に戻したら、
快適表示しましたので、やっぱり効いている?
lsmodのリストにはnvidiaドライバは出ないんですけどね。

nvidiaドライバをactivateすると、ドライバーは、
/usr/lib/modules/5.12.12-arch1-1に、
入ります。つまり、ロードしている
5.13.0-rc7-porteusではなく、
nvidiaパッケージの特定バージョンが対象としている
archlinuxのカーネルのディレクトリを生成し、
そこに入るわけですね。

ふつうに考えると、ドライバーは、ロードしないはず、
と思うのですが、どういうわけだか、快適表示しています。
モジュール形式で、すべてがramに展開されるディストロだから?
状況の不完全さも手伝ってか、nvidia-settingsも、

$ nvidia-settings
ERROR: NVIDIA driver is not loaded
ERROR: Unable to load info from any available system


てな表示が出て、使えません。
APorteusには、カーネルヘッダーがデフォルトで
入っているはずですが、不用なものを外して
機能を限定している、と聞いたことがあります。
さもなければ、lsmodコマンドの収集するlistに出ないことで、
ドライバーがない。とnvidia-settingsコマンドが判定するのか、、、。

いずれにしろ、nvidiaのカードを使っているなら、
APorteusの場合、nvidiaドライバをxzm化して
使うのが正解だと思います。差は、はっきり出ます。

lsmodコマンドの表示比較
nouveau_Nvidia.jpg
左がnouveauでディスプレーしている場合。右がnvidiaのとき、
表示ドライバ的なものは、なーんにも出ていないような。

なお、"NVIDIA X サーバー設定"は、xzmをactivateな状態にしただけでは
openboxのメニューに出ません。
/usr/share/applications/nvidia-settings.desktop
のCategories=にUtility;を追加すると
メニューの"アクセサリ"に出るようになります。

nvidia-settings-menu.jpg

起動項目としてメニューに入ったところで、
nvidia-settingsが使えないことに変わりはないです。
コマンドの位置は、/usr/bin/nvidia-settings 。


posted by ブログ開設者 at 17:30| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設者様

APorteusお試し頂きありがとうございます。

ご指摘の点、対応すべく努力していますが、能力不足と"のろま"故
直ぐに答えが出せず、自身を不甲斐なく思っています。

[google-earth]
直対応のパッチは提供できましたが、APorteusでの扱いの変更が漸くできました。
今迄は"mkgoogle-earth any"コマンドで取得する扱いでしたが、
GUIから [追加パッケージ取得] ---> [ネットワーク関連] ---> Google-earth 選択
で取得する様に変更しました。
新規APorteusから適用する準備ができました。

不思議な事に32Bitと64Bitでlibcurl.so.4.6.0の版数の扱いが異なっていました。
このため64Bitで必要とする版数に統一しました。
尚Googleの紹介から32Bit版は消えた様です。


[nvidia]
私はnvidiaを持っていない為、Porteusのフォーラムでも関与してきませんでした。
しかし、ご指摘にの中の"カーネルmodulesの版数不一致"の部分には対応致しました。
現在のカーネル版数のmodulesの中に別版数カーネルをコピーする処置を入れました。
これはinitrd内での修正に成ります。

initrd.zstd (2 M)
ttps://www.mediafire.com/file/gajgj4qhnu9lor1/initrd.zstd
md5sum: e7e094d074d1795e065e4c6a3057058b initrd.zstd

尚、既にブログ開設者ご自身でモジュール作成されていますが、
追加されたモジュールも同様に真似して作りアップしました。
これが起動時に組み込まれる様にISO内部等に設置されると、
上記修正initrd.zstdが機能します。

006-nvidia-x86_64.xzm (199 M)
ttps://www.mediafire.com/file/7cc8y2w5szcuzqc/006-nvidia-x86_64.xzm
md5sum: 352e9395dd1cc6af0dd63c66547ea406 006-nvidia-x86_64.xzm

initrd.zstd、006-nvidia-x86_64.xzm共にnvidiaの無いPCで
悪影響は与えません。(検証済)
しかし、nvidiaの有りのPCでの検証はしていません。ご容赦下さい。

新規APorteusから適用準備中です。
(006-nvidia-x86_64.xzmの提供の仕方と32Bit版の扱いを検討しています)


[openbox]
ブログ開設者の修正、サイズ拡大の程度を検討して、
是非にAPorteusに取り入れたいと思っています。

先ずはブログ開設者の記述内容を勉強させて頂きます。
有益な調査変更の実施に感謝致します。
Posted by neko at 2021年06月30日 16:40
あれこれお手間をお取らせしてしまい、恐縮です。ひとつ重要なことをお伝えし忘れていたことがあります。nvidia関係のモジュールは、システム起動系のsdb1には入れておらず、sdb2/extraに入れていました。システムインストールのとき、ユーザー権限でライブusb生成を起動してしまい、システム起動に関わるsdb1は799Mしか容量がなく、重たいnvidiaモジュールを入れ込む余地がありません。そのためsdb2/extraに入れています。遅れてモジュールロードすることもあって、lsmodにモジュールが出ないのかもしれません。initrd.zstdを、新しいinitrd.zstdに差し替えましたが、nouveauでのモジュールの表示状況は、以前と変わらずでした。ひとつに統合してくださったnvidia.xzmをロードするようにし、起動しました。3つをバラバラにロードしていたときと同じ状況になり、表示はとてもよいです。lsmodにnvidiaが出ないのは同じですが、、、。いつも有益とはいえない「確かめ」ばかりですみません。

Posted by ブログ開設者 at 2021年07月01日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。