2021年06月24日

インストールしました。APorteus-XFCE_ja-v21.06.23-x86_64

※一部修正しました(2021/06/26 13:50)

久しぶりに、usbメモリにインストールしました。
オール手動で仮想環境に入れる元気は出ず、でした。

「ライブusb生成」をルートでコマンド起動すべき
ところを忘れていまして、メニューからインストール。
余計な手間が増えました。

インストール後の本体起動し、
設定等が保存されるように処置したあと、
新たにインストールしたのは、
firefox、opera、chromium、
xdg-user-dirs、libreoffice-fresh、
google-earth。

何もしないで起動したデスクトップが、
たまたまopenbox+tint2で、
そのまま使うことにしました。

「追加パッケージ取得」で、インストールした
google-earchは、起動しませんでした。
こんな感じです。
$ google-earth-pro
/usr/bin/google-earth-pro: 21 行: 2646 Segmentation fault "$(dirname "$(readlink -f "$0")")/googleearth-bin" "$@"

インストール中、ライブラリプログラムを
どのパッケージから取得するかを
選ぶ画面がかなりの数出ますが、すべてリストの
一番上のものにしました。そのあたりで、
なにかあるのかな、と。
google-earthといえば、ものすごい大きな
プログラムですから、なにかが起こっても、
不思議はないですね。

あとは、問題なく動いています。

「ライブusb生成」でインストールすると、
こんな感じにインストールされます。
usbメモリは、8gbのを使いました(3.0)。

APorteus_partitions.jpg

lxdeのデスクトップ(壁紙)
APorteus-XFCE_ja-v21.05.23_lxde.jpg

私がよく使うアプリケーションの多くが入っています。
恐縮なことに、nekoさんがお気遣いくださいます。
gparted、gimp、kpat、leafpad、vlc、xburnなどなど。

今回、インストールした理由は、ワイフに使わせてきた
APorteusが古くなったためです。じぶんが使わない
office系も入れました。インターネットブラウザを
3つも入れたのは、それぞれに用途がありまして、
chromium(翻訳機能)、opera(動画の広告削除しての視聴)、
firefox(安定性があり使いやすい。デフォルト使用)
となっています。

難を云えば、大物のプログラムの
ウィンドウのドラッグが、やや遅延します。
usbメモリ自体は、3.0ですが、挿しているポートは、
usb2.0です。3.0に挿しても、あまり変わらない
のではないですかね。遅延は直らないと思います。

音は、問題なく出ています。fcitx-mozcも問題なし。

追伸的ですが、インストールは、isoを仮想環境で
立ち上げ、usbメモリをマウントできますので、
usbメモリへのインストールは、cd-rに焼いたりしなくても、
インストールできます。live上に、もう一度、
APorteusのisoをダウンロードする必要があります。


posted by ブログ開設者 at 14:43| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設者様

[google-earth問題]
既知の問題の様でネットに回答がありました。
ttps://forums.opensuse.org/showthread.php/550405-Google-Earth-Segmentation-Fault
ここの情報から
ttps://ftp.lysator.liu.se/pub/opensuse/distribution/leap/15.3/repo/oss/x86_64/libcurl4-7.66.0-4.14.1.x86_64.rpm
ファイル libcurl4-7.66.0-4.14.1.x86_64.rpm をダンプ取得し、
rpmextract.sh
コマンドで分解して
usr/lib64/ に在る
libcurl.so.4 libcurl.so.4.6.0
をgoogle-eartのローカルなライブラリ置き場である
/opt/google/earth/pro/
に置くパッチモジュールを作成しました。
(他は現在/usr/lib/libcurl.so.4.7.0を使用中です。これの破壊を避けてローカル設定です)

google-earth-pro-patch.xzm (254 K)
ttps://www.mediafire.com/file/rl30it1rsm7cr5j/google-earth-pro-patch.xzm
md5sum: a9f822a2edf04e7d7f5903e65b04a3e7 google-earth-pro-patch.xzm

google-earth-pro-patch.xzmの内容は
# dXZM google-earth-pro-patch.xzm
分解して確認できます。

004-google-earth-7.3.3.7786-r0-x86_64-1DUOWiF.xzm と google-earth-pro-patch.xzm を
アクティベートすればgoogle-earthは起動します(確認しました)。


[APorteus展開]
kona cofee 様がAPorteusから派生したディストリを公開しました。
(kona cofee 様の派生が出たので、何となく引退できる様な気がしています)
洗練されたXFCEです。音が良いのが特徴です。
私は耳があまり良くない(音痴レベル)ので良さが判りません。

ttps://docs.google.com/document/d/11Db6HCC-X25rH_INhkw5G4gofliGM7GU9MWsmzZpWHA/edit
から
aporaudio-1.0.1_x86_64.iso
を取得できます。
洗練されたISOとして奥様用にと思いました。
尚ISOの扱いはAPorteusと同じです。


[Microsoft Edge]
前コメント投稿で紹介しましたAPorteus-XFCE_ja-v21.06.23-x86_64.iso走行で、
大サイズで扱い辛いですがlinux用のベータ版を[追加パッケージ取得]から得られます。
一時話題に成ったEdgeです。


以上、ご参考に成れば幸いです。


追記
掲載されている背景写真はタイのチェンマイ駅です。
Posted by neko at 2021年06月25日 10:41
nekoさん。

さっそくに原因探求、問題を解消するためのpatch.xzmまでご用意くださって、恐縮です。お陰様で無事に動きました。kona coffeeさんのお出しになるディストリビューションは、試したことがあります。すごく細部にこだわる方で、マウスのカーソルの移動距離さえ最短になさりたい、というような印象でした。でも、APorteusの先行きをお引き受けになられるなら、見上げたものですね。ラクではない、と推察しますけど。積み上げて来られたことの価値を認め引き継ぐ能力のある人が現れたのなら、素敵なことです。vinelinuxでの(言葉はよくないですが)荒廃ぶりには、うんざりしていましたので。Edgeを試してみました。名前しか知らなかったのですが、馴れないので、まだ特性がよくわかりません。


Posted by ブログ開設者 at 2021年06月26日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。