2021年06月23日

APorteus-XFCE_ja-v21.06.13-x86_64.iso。vmware workstation player16.1.0 / sparkylinux-5.15-amd64

久しぶりになりますが、APorteusを試してみました。
やはり、usbメモリに入れて使うには、最高の部類に入ると思います。
しかも、おそらく日本の方であろうnekoさんが、
創設、メンテナンスをしてこられただけあって、
インストール後にやることは、ほぼないです。
インターネットブラウザが、netsurfであることを除けば。

それも、パッケージインストーラーのmkfirefoxコマンドを
使えば、すぐカバーできます。

少々馴れないと、とっつきにくさはありますが、
軽量感まる出しで、この小さな容量に、これだけの
機能を詰め込むことができるのか、という感動があります。
一度、お試しあれ、

マニュアル的には、2016年の11月から12月にかけての
nekoさんのコメントを参照してください。

APorteusの基本は、インストールすべきものが定まったら、
とっととインストールして、固定的に使います。
使いっきりのディストリビューションとご理解ください。
nekoさんからも、そのような理解でよい、と
ご了解いただいています。パッケージに、
更新できる部分と、それが簡単でない部分があるためです。
ライブラリ的齟齬は、避けられないということです。

じぶんで、isoをビルドできるディストリビューションですが、
ふつうは、時折りリリースしてくださるisoを使うのが
手っ取り早いです。リリース後新しいうちに、インストールし
じぶんが使うアプリケーションもすぐにインストールして、
パーソナルな設定をすべて終えて、使います。
カーネル周辺は、Porteus由来だと思いますが、インストーラーを
使って入れるパッケージは、archlinuxからです。
それでも、3〜4年は問題少なく使えると思います。

で、なにより固定化して使うがゆえに、
システム的に壊れる心配はほぼないです。
壊れるなら、ハードの問題でしょう。

速いわけは、全面ram上に読み出すモジュール形式であるため。
速いけれど、ram(メモリ)は、多いほうがいいです。
インストールしただけでは、アプリケーションは、動きません。
$ sudo activate パス付きのアプリケーション名(バージョン番号).xzm
をして使えるようになります。常時使えるようにするには、
特定のフォルダに.xzmファイルを配置する必要があります。
そのへんのことも、nekoさんのコメントを根気よく
拾っていけば、理解できます。

私は、usbメモリに入れて使うことはあまりなく、
仮想環境に入れて使うことが多いです。
仮想環境に入れるには、完全に手動になります。
必要なものを仮想ドライブにコピペして、
あとから、syslinuxのextlinux64コマンドだった思いますが、
ブートローダーをインストールする必要があります。
usbに入れる場合は、専用のインストーラーが存在します。

なにはともあれ、ライブで動かして、あれこれ
やってみれば、それなりに楽しめると思います。
ふつうのlinuxディストリビューション
とはひと味違う世界です。何もしなくても、
ライブで日本語入力ができます、fcitx-mozcで。

APorteus_xfce_2021-06-23_09-57-17.jpg

xfceのデスクトップは、xfce本家のデフォルト状態です。

isoのダウンロード先は、
https://forum.porteus.org/viewtopic.php?p=82685#p82685


posted by ブログ開設者 at 11:20| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設者様
APorteusのご紹介頂きありがとうございます。

ご指摘の様にISO作成時に必要なアプリのインストールをせず、
後で行うと版数間の齟齬が発生する事があります。
ローリング・リリースのArchLinuxのパッケージを使用している為、
ISO作成時とアプリ作成時でArchLinuxの更新があり、
依存関係のあるパッケージ間でも版数更新に齟齬がある場合に、
発生する可能性があります。

これを回避する為にはISO作成時に利用頻度の高いアプリも作成し、これを提供すれば解決します。
これらアプリをISOに含めるとISOサイズの肥大化を招く為、
ユーザ選択で取得できる様に切り離してアドオンパッケージとして提供しています。
例えば
GUIメニュ [システム] ---> [追加パッケージ取得]
getAddOnPKGウインドウからパッケージ設定ディレクトリ選択をしてから
[ブラウザ]項目からChromiumを指定しするとISO作成時作成したChromiumを得られます。

これに収容できるパッケージは多言語(ロケール)パッケージです。
尚[ブラウザ]項目(v21.06.23版で新規追加した)Microsoft EdgeやfirefoxはISO作成時作成したもではありません。
この取得時に作成されます。

ブログ開設者様が常用されると思われるvlc、kpat、gimp等を入れCDサイズ(700M)に収めたISOをアップしました。
APorteus-XFCE_ja-v21.06.23-x86_64.iso (694 M)
ttps://www.mediafire.com/file/thmkr25gkuvcafl/APorteus-XFCE_ja-v21.06.23-x86_64.iso
md5sum: ffa5ac84ff119d4abdef879ebae52479 APorteus-XFCE_ja-v21.06.23-x86_64.iso
ご賞味頂ければ幸いです。


[追記1]
数日前にライブCDの部屋様のサイトでAPorteusの紹介をして頂きました。
ttp://simosnet.com/livecdroom/
ライブCD様にはAPorteus開発用にネット上のエリアを借用させて頂いています。
老齢化からの中断を考慮し、借用返上を試みている所です。


[追記2]
"おそらく日本の方であろうnekoさん"
東京城北地域の小中高大を経て勤務地も東京だった団塊世代の日本人です。
投稿が海外サイトからの場合もあるので、ご疑念を抱かれたと思います。
Porteusの投稿サイトは英語の為、不得手な中学英語で投稿しています。
Posted by neko at 2021年06月23日 17:46
nekoさんが、日本の方であることは、
使われる日本のの精度等で解っておりました。
ちゃかしたかたちになって相すみません。
Posted by ブログ開設者 at 2021年06月24日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。