2020年06月25日

nekoさんの復帰を求める一群の人々。APorteus

nekoさんが「しばらく休む」とPorteusの
フォーラム(community effort)に投稿なさってから、早4ヶ月。
まだ復帰なさっていません。

nekoさんの動向を知ることができないか、情報を求めて
わがブログにたどり着く彷徨える(英語圏の)人々がいるようです。

APorteusは、nekoさんがお始めになった取り組みですし、
SlackwareベースのPorteusに、archlinuxのパッケージを
合体させたのは、nekoさんその人です。nekoさんなしに、
継続することは、よほどのスキルがないと無理ですね。

で、google辺りで検索してやってきた人が
nekoさんが私に説明してくださった辺りのコメントに行き着けているか、
試すために、読者風にわがブログに行ってみました。
簡単にはnekoさんのコメントに行けないですね。
コメントの検索機能は、ないようです。
気の利かないseesaaさんですね。ブログ本文より、
貴重な情報があるのに! 一応、要望を出しておきましたけど。

管理人用画面では、コメントリストも出せるし、
用語検索もきるんですけど。
せっかく来てくれた読者にも便利にしなければ、
文字ブログの斜陽化は一気に加速しますよね。

nekoさんがわがブログにコメントを寄せてくださったのは、
2016/11/09が最初です。そこから一月半ぐらいに渡って、
APorteusの基本的なことを語ってくださっています。

それを読むのに、いちいちブログ本文を出し、
下にぶら下がっているコメントを読むことになるとは、
まことにもって不便ですねえ。

とはいえ、APorteusの運命は、nekoさん次第
であることは、100%だと思っています。
じぶんとしては、そんなことよりも
身体的にご無事であることを祈るばかりです。
私より少し年上であられるようです。


posted by ブログ開設者 at 21:34| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設者様

APorteusへご関心頂きありがとうございます。
また私nekoへの健康に関するご心配までも頂き恐縮しております。

先ず、現在私自身が使用中のAPorteusをアップしましたのでご参照頂ければ幸いです。

APorteus-MULT_ja-v20.06.22-x86_64.iso (1.1 G)
http://www.mediafire.com/file/v0wo9qktl3mpy0h/APorteus-MULT_ja-v20.06.22-x86_64.iso
md5sum: 1178948cd4e280b2306bd1b460c324d0 APorteus-MULT_ja-v20.06.22-x86_64.iso


1.APorteus開発中断
常時更新のArchLinuxのパッケージを利用している為、
パッケージ間での更新同期のズレ等から立ち上がらない場合が多々あり、
その度に調査対応してきました。
更にLIVE走行ディストリ用としては、initに比べ、systemdは扱い難い所があり、
再起動インターフェースには特別なパッチを必要としました。

新しい取り組み(未実装デスクトップ導入等)や改良に着手する時間も取れず、
維持管理に追われるだけの状況でした。

これらの理由でAPorteus開発を中断し、
Porteusの枠組みに収まる新しいISO検討を始めました。

尚、32bit版の維持管理は更に面倒でした。

2.新ISO検討
(1)独自にコンパイルする事無しに既存ディストリのパッケージ群を流用する方針は変えない事にしました。
現在の複雑化したANSI-CやC++ソースを扱うのを避ける為です。
(UNIXが出た頃のシンプルな)カーニハンCやそのコンパイラーのポータブルCが使えるのなら、
ソースからコンパイルして独自パッケージで構築したい希望もあり、
多少の調査もしましたが、即諦めました。

候補ディストリは debian slackware archlinux に絞りました。
archlinuxはAPorteusで利用した簡易パッケージ管理ツールを利用したい為に残しました。

(2)アウターOS: openrc
当ブログで紹介された artix を調査しました。(ブログ開設者様に、大いに、感謝いたします)
適切な LIVE ISOサイズ、ArchLinuxパッケージ、openrc利用 等魅力的ディストリです。

(3)artix をPorteusの枠組みに収容テスト
ISO枠: APorteusのものを流用
initrd.xz: APorteusのものを流用
vmlinuz: APorteusのものを流用
モジュール分割
000-kernel.xzm (93 M): APorteusのものを流用
001-core.xzm (217 M): artix の livefs.img rootfs.img から分離
002-xorg.xzm (479 M): artix の livefs.img rootfs.img から分離
002-z.xorg.xzm (8 M): artix の livefs.img rootfs.img から分離
003-xfce.xzm (48 M): artix の livefs.img rootfs.img から分離
003-z.xfce.xzm (10 M): artix の livefs.img rootfs.img から分離
起動オプション
systemd=/usr/bin/openrc-init lang=ja_JP keytable=jp106

以上の枠組み変更しただけの live ISO は立ち上がりました。

(4)APorteus + openrc でテスト中
未だ立ち上がりません。
openrc を調査研究しながら色々トライしている最中です。
linux低スキルと老化呆けで、まだまだ時間が掛かりそうです。


3.Porteus用カーネル更新中断
APorteus開発中断と共にPorteus用カーネルビルド提供も中断しました。
現在、該当スレッドでロシア人のBlaze氏がビルドアップ提供を継承しています。
氏に対しては個別にメールにてサポートしています。

現在の最新のカーネルは 5.8-rc2 です。
APorteus-MULT_ja-v20.06.22-x86_64.isoのカーネルがこの版を使用しています。
未だカーネル 5.8-rc2 用のPorteus必須AUFSパッチは用意されてない為、
AUFSが稼動する様修正をしてビルドしました。
この情報もBlaze氏へ伝えてあります。


4.ブログ開設者様への追随
当ブログを略毎日見ています。
その動きの速さに追いつく事ができません。

老化の程度は個体差が激しいと言われていますが、
団塊世代のS23生まれ(72歳)ですが、ブログ開設者様の後追いができません。
入院中に"APorteus + openrc テスト版"を示し、お礼を述べようと思っていました。
既に退院されているのに、未だ"APorteus + openrc テスト版"は起動できません。

(特に)当ブログ記事artixとアップされた開設者様へ感謝致します。
Posted by neko at 2020年06月27日 00:42
少しお長い期間でしたので、要らぬ心配をしてしまいました。お元気で何よりです。技術的に込み入った話は、理解の外に近いので、ひとまずは、ご復帰を嬉しく存じます。
Posted by ブログ開設者 at 2020年06月27日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: