2020年06月19日

rescuezilla-1.0.6-64bit.iso。vmware workstation player15.5.2 / sparky-5.11-x86_64-xfce

rescuezillaは、名前の通りレスキューツールです。
じぶんをじぶんでバックアップする形でインストール
できないかな、と思いましたが、できませんでした。
じぶんの中にインストール先をマウントしなきゃらない
から、当たり前か。

rescuzilla_2020-06-19_05-20-07.jpg

デスクトップがちゃんとあって、lxdeのようです。
firefoxが使えます。gpartedもあります。使うとなれば、
cd-rではあふれるかもですが、dvd-rなどに
入れて使うことになるんでしょう。

vmware workstation playerで起動したわけは、
virtualboxでは、なぜか起動しなかったからです(dosでもefiでも)。
理由は判りません。

rescuezilla-menus_2020-06-19_05-23-22.jpg

できることは、ディスクや階層のバックアップとリストアのようです。
どのくらいの速さでやってくれるのか、仮想環境で試しただけなので、
それも判りません。リポートになっていません。
distrowatchでは、デスクトップの顔がわかりませんでした。
ちょっと気になりました。

中身は、ubuntuのfocal fossaだから、20.04ltsってことですね。
live上で普通にupdateでき、一時的に何かをインストールすることは
できると思います。時間が経てば、updateの数が多くなりすぎ、
ramには収まらなくなるんでしょう。

あったらいいな、と思うツールは、
all linux distribution chrooterみたいな、
ツールですね、技術的に無理なんですかね。
arch-chrootがあるarchlinux以外、
私はchrootを苦手としています。


posted by ブログ開設者 at 05:58| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: