2020年03月26日

bodhi-5.1.0-64。vmware workstation player15.5.1 / sparky-5.9-x86_64-xfce

bodhiは、第一印象が悪くて、ずーとスルーしてきました。
e17デスクトップの文字が小さかっただけなのですが、、、。
デスクトップが新しいMoksha になった、ということで
久しぶりにインストールしてみました。

第一印象は、デスクトップ以前に、趣味性の意識が
非常に高いということです。なんでも美しく、という
印象があります。以前からそうでした。

デスクトップの机は、一応あって、その上でなんでも
扱えるようではあるけれど、タブレットos的な雰囲気もある
ようで、いま、webという名しか判らない
ブラウザが全画面表示になっていて、戻せません。
どうやって、戻すんだろう、机が見えなくなりました。

お道具類は、lxde系で、pcmanfm、leafpadなどが見えます。

インストールは、簡単でした。インストーラーの
名前をまた忘れてしまいました(calamares)。
ふつうにubuntu系のアレです。
インストールしただけで、fcitx-mozcで日本語が打てました。

あれ! printscreenのボタンに手が触れてたのか、
デスクトップの机が見えるように変わりました。

とにかく、isoが700mb台しかなかったです。入っているものは、
最少限ですし、私にはそれで十分なのですが、とても軽いです。

趣味性の高さと、付き合いにくさは、表裏一体ですが、
しばらく動かしてみて、気のついたことがあれば、
つづけて投稿したいと思います。

bodhi5.1.0_2020-03-26_07-03-00.jpg

しっかし、FuryBSDのあとにやると、
まるで天国のような整い方というか洗練度ですね。
そのぶん、勉強にはならないですが。

vmware workstation playerにインストールすると、
それを察知するのか、必要なvmware関係のパッケージは、
すべてインストール済みで起動します。やったことは、
$ sudo systemctl enable open-vm-tools
と同startだけです。あとは、どんな特色のある
デスクトップか、しっかり見てください、というところですね。


posted by ブログ開設者 at 07:53| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: