2020年03月25日

ここまでのbsdの印象。FuryBSD-12.1-XFCE-2020030701。vmware workstation player15.5.1 / sparky-5.9-x86_64-xfce

なんだかんだで、linuxディストリビューションと
似てきているという印象です。
いろんなファイルが二重、場合によっては三重に存在し、
意味は少し違うんでしょうけど、bsdのそのらしさは、
何も変わっていないですが、、、

たいがいのことは、パッケージインストールでできます。
ここまでFuryBSD でやってきたことで、portsを使って
ビルドしたことは一度もありません。

そして、pkg update や pkg upgradeも効きます。
なんか、すっごくlinuxディストリビューション的です。

環境を英語のままにしておかないと、fcitx-mozcで
日本語が打てない現象は、スキル不足で、
さっぱり意味がわかりません。使っていての具合の悪さでは、
それがいちばん大きいです。

あとは、細かいことぐらいしかないんじゃないですかね。

あといいなと思うのは、仮想ディスクに可変で20gb割いて、
まだavailableなスペースが14gbも残っています。
省スペースではありそうですね。
ソフトウェアをビルドしないからですかね。

最初は、文句ばっかり垂れながら、やっていました。
でも、努力に反応してくれ始めると、なんだか可愛く
なってきました。
動画の音がいい感じ。動きもまあまあ。

gb_available_space_2020-03-25_18-50-41.jpg


posted by ブログ開設者 at 18:55| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: