2019年07月24日

TDE(trinity)デスクトップ環境。q4os-3.8-x64.r1 virtualbox-5.2.18 / xubuntu18.04.2

システムをapt update & apt upgradeした拍子に、
plasmaだったデスクトップ環境が、xfceになりました。
xfce上で、どうやってもsynapticが起動しないので、
デスクトップ環境を戻すとかしなければ、
ってことになりました。

つらつらと調べるに、ディスプレーマネージャーは、
tde.serviceというのがsystemdで動いていて、
tde周辺ファイルは、/opt/trinity以下にワーッとあります。
(オートログインの設定は、 /etc/trinity/tdm/tdmrcで)

デスクトップの変更は、login画面のパスワード入力欄右下の
menuをクリック。プルダウンメニューのsessionsの▼に
デスクトップ等の選択肢がありました。
そこで、TDEを選んだら、立ち上がったデスクトップは、
なかなかの出来で、exegnulinux64の同じtrinityと比較して、
ふた味ぐらいは上の雰囲気でした。こちらだと、
synapticも無事に起動するので、使うことにしました。

ただ、手が込んでいるぶん、動画の動きは、
exegnulinux64のtrinityに負けますね。ベンチマーク代わりの
動画は1440pまででした。それでも十分なんですけど。

アプリケーションのメニューは、TDE menuというもので、
xfceのwhiskermenuとよく似ています。使っているアイコンが
きれいなフラットアイコンで、心地よいです。
trinity環境って、これから流行ってくる気配のような。

環境の日本語化は、tde-i18n-ja-trinityの
インストールが必要です。fcitxのオートスタートは、
$ cp /usr/share/applications/fcitx.desktop ~/.trinty/Austostart/
です。

ちなみに、xfceは、テーマが提供元のデフォルトのまんまで、
つまらなかったです。

TDE_2019-07-24_20-51-05.jpg
きれいさだけで云えば、タイポグラフィー的に
英語のままのほうがいいですね。


posted by ブログ開設者 at 21:34| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: