2019年07月24日

virtualboxの共有フォルダが外れる。archbang-beta-2207-x86_64 virtualbox-5.2.18 / xubuntu18.04.2

おかしくなるまえにやったこと。
vboxadd_error_2019-07-24_05-51-19.jpg

治ったときにやったこと。
$ sudo chgrp vboxsf /media/
$ sudo /usr/bin/vbox-uninstall-guest-additions

6.0.10のadditionsインストールスクリプトが
~/Desktopフォルダにあり、移動して
$ sudo ./VBoxLinuxAdditions.run
$ sudo reboot


何が悪くて共有フォルダ内の
共有したいファイルが見えなくなったのか、
判然としません。

治った理由もわかりません。chgrpは、
する必要がなかったはずなのですが、
とりあえず、やりました。
それ以前に、additionsを5.2.18に
してみたり、あれこれやっていたのですが、
正規のuninstallは、一度もやっていませんで
(上書きばかりしていた)、
試しにuninstallスクリプトを試しました。

vmware workstation playerのよいところは、
こういったことが起こらないことですね。
ビシッと決まったら、???なことは起こりません。

virtualboxは、理解できるといろんな便利な
点はあるのですが、ディストリビューションごとに、
virtualboxのゲストでやることの作法が異なります。
archbang(archlinux)のvirtualbox(ゲスト)の状況は、
お世辞にも良いとは云えません。複雑です。

debian系の場合は、
ゲスト関連のパッケージインストールなしの、
additionsのインストールだけ。とてもラクです。
(linux-headersとbuild-essentialは必要です)

今回のことでは、uninstallスクリプトを使ったことが
よかったのかもしれないな、と思っています。

virutalbox。archlinux系のゲストでの確認事項:
●lsmodで、vboxvideo vboxguest vboxsfの
 3つがロードしていること。
●lsmodで、vboxguestの後ろにvboxsfがあること。
●vboxservice.service、vboxadd.serviceが動作していること。
 vboxadd-service.serviceはdisableしないと
 pcmanfm上、フォルダの二重表示が起こる。
●vboxsfグループにユーザー加入していること。
●/media、/media/sh_share_folderのパーミッションは、
所有者がrootで、グループがvboxsfであること。

こんなところかな。

pcmanfm_share_folder_2019-07-24_06-50-00.jpg


posted by ブログ開設者 at 06:53| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: