2019年01月31日

(訂正とお詫び)systemdがらみでスプラッシュによくfailedが出ます。archbang-winter-2201(2019年)

2019年1月29日の投稿です。
内容が間違っていました。すみません。
指している実行ファイルが違っていたせいとかでなく、
もとからlogrotate.serviceは、無効になっていました。
logrotate.timerというサービスが
enableになっていました。
インストールディスクのlive-dvdを
チェックしましたところ、そうでした。
logrotate.timerのサービスで動くのか判然としませんが、、、。
じぶんの場合は、何かの折に、
logrotate.timerのsystemdのサービスが外れた
ようです。拠って29日の以下の内容は、
取り消しさていただきます。
なかなか変われず安直で、申し訳ありません。

archlinux全般に云えることか、判りませんが、
システム更新しているうちに、
logrotateでfailedが出るようになりました。
何が更新されてこうなったか、
判りませんが、直し方。

$ sudo leafpad /usr/lib/systemd/system/logrotate.service
内の9行目:
ExecStart=/usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.conf

ExecStart=/usr/bin/logrotate /etc/logrotate.conf
で、スプラシュにfailedが出なくなりました。

logratateって、archbangに入っていて、
たぶん、archlinuxのデフォルトじゃないか
と思うのですが、名前からすると、
ログを取る周期の設定に関係している
みたいですね。



posted by ブログ開設者 at 13:48| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: