2017年08月29日

artix-lxqt-rolling-x86_64.iso。vmware / debian-9.0.0

archbangとの関係を知りたくて、インストールしました。
artix-linuxというディストリビューションが元々あるようで、
インストールしてみたら、
リポジトリはarchbang-artixとまったく同じでした。

openboxの選択があったか、記憶するのを忘れましたが、
openboxがあったのなら、構成はまったく同じになりますね、
archlinuxベースのopenbox環境ってことになりますから。

archbangの主体性ってどこへ行ってしまったんですかね。

インストーラーの起動は、
startメニューのsearch窓に「install」を記入しエンターです。
主要4ツールは、
qterminal, kwrite, qupzilla, pcmanfm-qt です。

日本語入力にfcitx-mozcを入れましたが、
上記すべてのツールで無反応。日本語が打てません。
leafpadとchromiumを入れたら、即、共に反応しました。
ターミナル(lxterminal)も、
ファイルマネージャー(pcmanfm)も入れなきゃ
日本語が打てません。
あれ! APorteus-lxqtのときは、こんなこと、
起こらなかったような。あ、あれは、リアルイントールでしたが。

artix-lxqt.jpg
カスタマイズ済みですが、デスクトップの見た目は
そのままです。

落とし処:
https://sourceforge.net/projects/artix-linux/files/iso/

isoの名前についているデスクトップ環境は、
live上の環境であるだけで、インストール時には、
改めて選びなおしです。
かなり選べます(よく見とけばよかったんですが、、、)
kde-plasmaとcinnamonがあったのは確か。
インストール設定の終盤に「説明」というくだりがあり、
各項目の「▶」印を「▼」にすると、詳しく設定項目が出てきます。
そこをちゃんと設定しないと、あとから
あれこれ入れなくてはならなくなります。
気づきにくいので、ご注意ください。


posted by ブログ開設者 at 00:25| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: