2017年08月19日

個人的カスタマイズの注意点。archbang-artix-rc-170817.iso

pt3(2)の設定は、archbang-openrc版であったときと
同じでokでした。pcscdとrc-localのサービス自動起動は、
以前に投稿したことのあるopenrc式にやります。

vlcは、依存関係のほかに、
pulseaudio,pulseaudio-alsa,qt4のインストールが必要。

locale設定が上手くいかないので、往生しました。
~/.bashrcにある、

# locales
export LANG="en_US.UTF-8"
export LC_COLLATE="C"


をコメントアウトしたあと、インストール時の
locale設定を生かすべく、

$ sudo locale-gen

そして、ログアウトログイン。

日本語入力がfcitxである場合、例のまじない3行は、
~/.bashrcのlocale設定をコメントアウトした下の辺りに
追記すれば、日本語環境下で動作します。

Artix.jpg
このスクリーンショットは、カスタマイズ済みです。


posted by ブログ開設者 at 22:01| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: