2017年08月19日

インストールしました。archbang-artix-rc-170817.iso

liveメディア上、スムーズに行かないところがかなりありました。
インストーラーのブートローダーインストールのところで、
grub2 -> manualを選んで、
grub-install --force /dev/sda5などとしますと、
インストール自体はうまく行きますが、
プロンプトが出てexitすると、やや間があって、
grub-mkconfgのコマンドが断りもなく走りだし、
ほかのパーティションにosがないか探すんですけど、
その動作がループして、何度も繰り返しました。

窓のxボタンで、インストーラーを抜け、再度インストーラーを起動。
続きのrootのパスワード、user生成&パスワードを決めました。
当該パーティションをarch-chroot、もう一度、
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
をしてliveを終え、本体起動しました。
私のブートは、mbrにmbmです。

本体起動したら、無事立ち上がりましたけど、
ネットには繋がっているものの、repoが使えない状態でした。

時計がなぜかめちゃくちゃな時間になっていまして、
時間をjst(ハードウェアクロックは、utc)
の正しい時間に修正(これをやらないと、
repoサーバーもへんだとなんくせつけます)。さらに
/etc/pacman.d/mirrorlistのjaistのサーバ行を
ipv6が使えるよう、いちばん上にし、
$ sudo pacman-key --init
$ sudo pacman-key --populate artix
$ sudo pacman-key --populate archlinux
として、ようやくアップデート可能となり、
あれこれ初期設定に必要なツールをインストールしました。

gnome-icon-themeぐらいはすぐインストールすべきですね。
ぜんぜん足らないです。pcmanfmを使うにあたって、
アイコンは、最低限そろっていないとまともには使えません。
usbメモリもままではマウントしませんでした。
しっかり覚えていないのですが、
gvfs,udisks2,udsikie辺りをインストールしたと思います。
マウントの反映は、リブート後でした。

あとは、これまでのarchbangと同じ。
yaourtコマンドを使うには、忘れがちですが、
base-develのインストールが必要です。

で、何が変わった、というんでしょうかね。

いまのところ面倒くさくなっただけです。
artix側と、archlinux側で進捗度が違っており、
ライブラリ齟齬なんか生じないのでしょうか。
カーネルだって、4.9.43-1-ltsと、4.12.8-1-ARCHでは、
ずいぶん離れていますね。

------

ないはずだったインストール先の確保について:
catalystで表示していたarchbangが
電源ユニットがらみで端を発した問題がありましたが、
haswell未対応の代替電源ユニットを使って、
catalystの削除に成功できたまでは既出の話ですが、
今朝着いた交換電源ユニット(haswell対応)に戻しましたら、なぜか、
xf86-video-atiで表示できなくなりました。
(xf86-video-fbdevで表示できましたが、
最大で、1450x1050にしかなりませんでした)

電源がこういう部分に影響するとはつゆしらず、、、
それでもhaswell未対応の電源に戻すなんて考えられないですし、
けっきょくこのarchbangを諦めることにし、そこへ
archbang-artix-rc-170817.isoをインストール。
ひとつぐらいartixがないと、artixで何が起こっているか、
わからないですからね。適切なる判断であったか、と。


posted by ブログ開設者 at 18:42| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: