2017年07月25日

openrc-eudevをやめた。archbang-openrc-20160412-x86_64

なんだか、前に進まなくなっていました。
openrcのバージョンも22で止まっていました。
これ以外は、arch-openrcで、27まで行っています。
ひとつ、取っておきたかったのですが、
google-earthが「グラフィックカードが識別
できませんでした、みたいな表示になっていて、
vmware-player-12.5.6-5528349.x86_64.bundleも
起動しなくなってしまっていましたので、
騎虎の勢いで[arch-openrc]系に切り替えました。

~/etc/pacman.confで[openrc-eudev]をコメントアウトし、

[arch-openrc]
Server = http://downloads.sourceforge.net/project/archopenrc/$repo/$arch
[arch-nosystemd]
Server = http://downloads.sourceforge.net/project/archopenrc/$repo/$arch


を新たに追加し、
$ sudo pacman -Syyu

問題なく動いています(chromiumの ~/.config/chromiumを
捨てて構築し直しはありました)。
openrcのバージョンも、27に即なりました。

google-earthは、まだ32bitソフトしかないのですかね。
32bitライブラリのあれやこれやが五月蝿くて、、、。
-Rsn削除しました。

vmwareの削除方法は、
$ sudo bash VMware-Player-12.5.6-5528349.x86_64.bundle \
--uninstall-component=vmware-player

です。

じぶん的には、debianにvmwareは合っていると思います。
ホストはdebian(-9)にして、あれこれゲストを入れて
楽しむのがいいと思います。linux全体virtualboxに寄っている
感じですけど、vmware(もちろん無料版)に軍配を上げたいです。

最近よく耳にする、dockerって何なですかね。
なんか、よく判り(解り)ません。

archbangのgreen氏がalpine(initシステムはopenrc)に興味津々で、
土台がarchlinuxじゃなくなる可能性もありだとか。
でも、repoでインストールできる
バイナリメニューはまだ透け透けでーす。
日本語入力関連ゼロでーす。
簡単にopenbox環境のarchlinuxがやれる
ディストロが消失するんだったら、寂しいですね。


posted by ブログ開設者 at 17:45| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: