2017年06月19日

debian-9.0.0-amd64-DVD-1

debian-9が5年のサポート、ということで、
インストールしてみました(msdos)。
最初、debian-live-9.0.0-amd64-xfce.isoをダウンロードし、
付帯のインストーラーでインストールしようとしました。
言語とかキーボードとか決めたあとに、
「cdからコンポーネントをロード」という画面で、
cdからram上にコピー失敗、みたいなエラーが出て、
インストールできませんでした。テキスト方式のインストーラーに
切り替えても状況は同じでした。
isoファイルのsha512sumのチェックサムに問題がなく、
dvd-rwに二度焼き直して、同じ症状でした。

同じ環境、同じメディア(dvd-rw)、同じxfburnを使って、
インストール専用のdebian-9.0.0-amd64-DVD-1.isoを
焼いてインストールを試みましたら、
インストール途上、何も問題はなかったです
(選択したデスクトップ環境はxfce)。

じぶんの場合、debianのインストールでは、
いーっつも何かがひかかります。
前にも、liveに付いているインストーラーで
上手く行かなかったことがあったような
薄れる記憶、、、。

debian-9.0.0-amd64-DVD-1.iso(純インストールディスク)からの
インストール上の注意点は、マルチブート者で、
パーティション設定で手動を選んだとき、
ちゃんと設定したはずなのに、次へ進めないとかがあり得ます。
そんなときは、画面にまだまだ下があると気づいてください。
ずーっと下の方にスクロールしてください。
一番下に、次へ進める選択項目があります
(なんて書いてあったか忘れました)。

それから、いきなりgrub2がmbrへ入れられてしもうた、
というような場面がありますが、心配いりません。
ディスク内をサーチしたあと、、入力欄が出て、
/dev/sda6とかpbr宛の指定ができます。
xfceを入れた場合、ご覧のとおりの、素っぴんの
xfce4でして、つまらなーいのであります。

日本語入力は、fcitxで上手く行きました。
synapticでfcitxとfcitx-mozcをインストールし、
im-config(アプリケーションメニュー/設定/2つある
「入力メソッド」の上のほうをクリック)が最初から入っています。
これで、fcitxを選択して日本語が打てる
ようになりました。

debian-live-9.0.0-amd64-xfce.isoの
インストーラーの具合については、
私サイドに問題がある気はしていないですけど、さて、
みなさんがなさってみたら、どうなるか。

debian9-64.jpg

debianというのは、ま、言ってみればlinux界の王者ですけど、
初心者に向いているか、というと、そうではないような。
いまどき、sudoを後からじぶんでインストールするんですよ。


posted by ブログ開設者 at 04:39| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: