2017年05月17日

korora-live-cinnamon-25-x86_64

数日前、korora-live-cinnamon-25-x86_64を
インストールしていました。
報告投稿したのは、夢の中だったようです。

korora21のcinnamonを22にできて以降、
私の能力不足も手伝って、バージョンアップが
立ち往生状態になってしまっていました。
korora21のcinnamonに最期のお務めとして、
ダウンロードと、iso焼きをさせたあと、跡継ぎの
korora-live-cinnamon-25-x86_64をその上にインストール。
無事成仏させられたように想います。

korora、cinnamonの感じは相変わらずで、起動音から
操作をするとピピッと音がしたりして、賑やかです。
plankというランチャーは、今回新採用のような気がします。
スライダーでパネルとアイコンのサイズを変えられたりします。
操作については、メインメニューのアクセサリにある
アイコンをクリックしても、なにも起こらないです。
ctrlキーを押しながら、plankの
パネル(バックグラウンド)上で右クリック。
出た窓で「設定」を選択すれば、
小さな設定ウィンドウが開きます。

壁紙が16枚あって、スライドショウ設定にもできます。
デスクトップのイメージは、細部にわたってフラットです。

いま見たら、vlcが入っていますね。
じぶんで入れたんではなく、デフォルトのような。
とにかく、3歩歩けば忘れる、鶏状態なもので。

あ、やっぱりfedoraのカーネルなので、
pt3のモジュールはonになっていません。

korora25.jpg

スクリーンショットは、ある程度いじったあとです。
パネルは上で、plankのランチャーは、左だったような。
壁紙はこの通りだったと思います。
cinnamonのパネルって、tint2らしいんですよね。
知らなかったな。パネル上の右クリックで
いろいろ出るから、らしくないんですけど。

このところ、
だいたい亡くしたものと同じディストロを入れています。
どれも、かたちやスタイルは違えども、
やる気を感じるからです。
打ち上げ花火みたいに、ババーンと打ち上げた
だけで、もう飽きたの?みたいなのも多いです。
やっぱり、継続は力なり、ですか?

今週のdistrowatchの人気順位で、
kororaが53位、voyagerが72位です。
プロジェクトの人たちは不本意なことでしょう。
不人気は、ベースディストロのバージョン更新時の
リスクのせいかもしれませんね。


posted by ブログ開設者 at 17:43| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: