2017年03月01日

archbang-0317-x86_64.iso

一応、正式リリースのarchbang(systemd版)のようです。
617gbのiso。i686版もあり、そちらは、568gbほど。
カーネルは、4.9.11-1-ARCH。

conkyの表示内容がシンプルになって、
bind_keyは、デスクトップメニューの中に引っ越し。

インストーラーは、abinstallもfast-installもあります。
下は、abinstallを起動してメニューを出したところ。
abinstall.jpg
/usr/bin/abinstall
/usr/bin/fast-install

fast-installは、/mntにマウントしたパーティションに
前触れなく、いきなりコピーが始まるので注意を要します。
liveのまんまをコピーしますので、一般ユーザー名は
abliveになります。

主な搭載ツールは、
lxterminal,firefox,pcmanfm,l3afpad,deadbeef,,,
ネット接続は、networkmanagerとそのappletがあります。
だから、wlanでも簡単につながるでしょう。

ウィンドウマネージャー(デスクトップ環境)は、
いつものデフォルトに戻って、openbox。
パネルは、いつものtint2。

vmwareで起動してみたところ。
2017-03-01-211124_1680x1050_scrot.jpg

落とし処:
https://sourceforge.net/projects/archbang/files/

未だに、vmwareのフルスクリーン表示ができないわたし。ふーっ。

alpineの新しいのが出ています。alpine-170301-x86.iso。
同じところで落とせます。もう老い先短いので、
バイナリーベースで行くつもり。私は手を出しません。
コンパイルしている時間がなんとももったいない!
若い衆よ、がんばって! cpuは、性能がいいほど、
この手のものにはいいです。


posted by ブログ開設者 at 21:39| Comment(5) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介のarchbangをダウンロードして内容解析をしています。

早速、APorteusビルドメニューにopenboxを追加中です。
現在64BITが終わり、32BITに着手しています。
貧乏性故、一つ終ると次を開始するサイクルを周っています。
Posted by neko at 2017年03月03日 12:52
なんだか、わたしの好みに引き込んじゃっている
みたいで恐縮です。私は単なる1ユーザーですし、
広くみなさんの興味につながるように
していただければ、幸いです。

aporteusのコンセプトとして、軽量がありますから、
kdeやgnomeなどの重量級のデスクトップ環境は、
向いていないのは解りますけど。

私がもう4年ほどもarchbangを追っかけて
いるわけは、archlinux系の中ではもっとも軽量で、
構造的に理解するのが容易だからです。
linuxにそこそこ馴れ方が、やったらいいな、と思う
ディストリビューションです。
linuxをwidowsの代替として考えている人には
向かないですけど、
linuxそのものに興味のある人にはいいですね。
作者のテキトーさが、こちらの学びを
換気するところもありますねえ!?

Posted by ブログ開設者 at 2017年03月04日 09:48
新規アップのお知らせです。
e16、openbox、lxdeの3つのディスクトップを収容した日本語版APorteusをアップしました。
archbangのopenboxを調査した結果を流用した部分があります。
ご高覧頂ければ幸いです。

APorteus-MULT_ja-v17.03.03-x86_64.iso (Language: Japanese, 708 M)
http://www.mediafire.com/file/8c35ryxq8j6vje5/APorteus-MULT_ja-v17.03.03-x86_64.iso
md5sum: 00279744f659749579ad1929577579ff APorteus-MULT_ja-v17.03.03-x86_64.iso

今回もフルセットでアプリケーションを入れました(サイズ708 M)。
尚、前回e16版で入れたフォントは入れてありません。
もし前回のフォントお好みであれば、前回のe16版走行環境で
/usr/share/fonts/TTF/
ディレクトリからご取得下さい。
Posted by neko at 2017年03月04日 15:46
さっそくチェックしてみました。
とりあえず、仮想環境において、ですが。
openboxとlxdmはきちんと連携していました。
さすがですね。
ただ、ふだん導入していられるlxdeなみに、
openboxを使用できるようにするには、
あれこれインストール及びその設定を
追加しないと実現できません。

じぶん自身の備忘録として、またopenboxに馴れない
一般ユーザーのみなさんへの導入ヒントとして、
典型的なパターンのやり方を投稿してみます。
ご参考になれば、幸いです。
Posted by ブログ開設者 at 2017年03月04日 21:35
失礼しました。仮想上のmemory(ram)を増やしましたら、
すべて、lxde,e16,openbox、すべてきれに起動しました。
すごいですね。従いまして、投稿は取り消し、
ご案内を声高らかにさせていただきます。
Posted by ブログ開設者 at 2017年03月05日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: