2017年02月22日

APorteus-LXDE_ja-v17.02.17-x86_64.iso

新しいAporteusのiso作成例が出ています。
k9copy以外の動作は、前例から察して問題ないでしょう。
k9copyの動作位については、作者のnekoさんより
ご提案もあり、トライしてみましたが、
じぶんの能力では動かすことはできませんでした。
だれか動かしてくれたら、うれしいです。
こうやれば動く、の報告をコメント欄にお願いします。
その他の主な搭載ソフトは、google-chrome,vlc,leafpad,
lxterminal,pcmanfm,libreoffice,thunderbird,gimp,
fileroller,xfburn,fcitx-mozcなど。

環境の日本語化はできていて、
日本語も何もしないで打てます。
じぶんは上手に使う方法をつかんでいないけれど、
クリップボードマネージャーがあります。
高速コピペに役立つでしょう。
インストール後に必要なことは、
時間合わせとキーボード合わせぐらい。
あ、あと、lxdeのパネルは、
少し色をつけるなどして、時間表示の数字が
見えるようにする必要があります。

usb一本、家事の元。
家でやることぐらいなら、
十分すぎるほどです。これだけ
いろいろできて、
cd-r1枚に入ります。動作も機敏です。
usb(8gb推奨)にインストールして、
ぜひ常用してみてください。

付き合い方(マニュアル)は、11月から12月にかけての
投稿のコメント欄を見ていただければ、
作者のnekoさんご自身が詳しく語ってくださっています。
インストールなどでわからないことがあれば、
私の判る範囲でよろしければ、お答えします。
ふつうのlinuxよりはちょっとむずかしいです。
まったくのlinux初心者は、上手な人に、
インストールしてもらってください、というレベル。

実態は、archlinuxとporteusが結婚したようなものです。
ぜんぶがぜんぶをモジュール化してあり、
起動時に一気にramに読み出して、linux的構成が
実現します。だから、ramは、8gbあっても、
多すぎることはないです。カスタマイズした
設定は、usbインストールをすれば、保てるようになります。

Screenshot from 2017-02-21 09-41-04.png


posted by ブログ開設者 at 10:53| Comment(1) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日e16ディスクトップの生成例ISOとして日本語版をアップしました。
肝心のISOビルダーのアップは未だしていません。
e16ディスクトップの体験版として、お試し頂ければ幸いです。

このISOのWIFI接続に関して完成度が低いです。

% cd ~/.e16/Init
% ln -sf /usr/bin/nm-applet .

と手作業でnm-applet起動設定をする必要があり、更にアイコンも出ません。
WIFI接続アイコン表示に関し何かご教示頂ければ幸いです。

APorteus-E16_ja-v17.02.25-x86_64.iso (706 M)
http://www.mediafire.com/file/7777e44e79u16je/APorteus-E16_ja-v17.02.25-x86_64.iso
md5sum: 8ddeb069187dd5f259e6b1dc7e456641 APorteus-E16_ja-v17.02.25-x86_64.iso
Posted by neko at 2017年02月26日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: