2017年02月06日

時間表示の問題。aporteus_ja

nekoさんが見ていられたら、ありがたい話。

最近、メールソフトを使うのが億劫になって、
(理由:星の数ほどインストールしてある
linux_osで、いちいちメールクライアントで
メールを落としていると、リソースの無駄)
メールサーバに出かけて、長文のメールなどは
送信しています。短いのは、ipodtouch6gを
使っています。

で、プロバイダのサーバーでの送受信時間の
表示が、aporteusに限って、utcになるという
問題がありまして、直し方がわからないのです。
ブラウザを変えても症状は同じです。
でも、起動osをarchbangに変えると
正常表示になります。つまりaporteus特有の症状
ということになりますね。

設定は、ハードウェアクロックはutcにし、
timezoneでJapan(+9)にしており、
xfce上の時計では、正しく表示されています。

ふつうに考えると、
ハードウェアクロックの時間を感知しちゃって、
ブラウザでアクセスした場合のプロバイダの
メールサーバの時間表示に影響を与えている
みたいに想えます。

でもシステムインストールするふつうのlinuxである
archbangの場合だと、
同じ設定方法でも、問題がない、ということで、
aporteusの場合、
ブラウザがローカルタイムを感知していない、
ようなのです。

ひょっとしたら、ブラウザの基本動作に関係のない
なんらかのライブラリのせいなのか。
google-chromeでも、
firefoxでも、状況が同じなので、
カーネルがらみの可能性もあるのか。
むずかしい問題ですね。

↓  ↓  ↓  ↓
最近のaporteus_jaだと問題なし。

ひょっとしたら、今回の症状の場合、
up.kernelしたときの
なんらかの設定上の問題かもしれません。
aporteus_xfce_ja-x86_64で、
日付は、20170108ごろのaporteus。


posted by ブログ開設者 at 00:08| Comment(3) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時刻の件、調べましたが解りませんでした。
(ネットで時刻調査、APorteus調査、インストールしてあるUBUNTU調査、等)

LINUXの時刻設定に関し、無知です。
貴記事に指摘されネットで調査して色々分かる有様です。
特に最後のご指摘、版数違いでの差異に混乱しています。

APorteusのカーネルは「カーネルビルダー」で(コンパイル無しで)変更できます。
http://forum.porteus.org/viewtopic.php?f=75&t=6568#p52232
の投稿記事で以下の6版数がコンパイル済でアップして在ります。
v4.10-rc6.tar.xz (39 M)
v4.9.8.tar.xz (39 M)
v4.8.17.tar.xz (39 M)
v4.4.47.tar.xz (36 M)
v4.1.38.tar.xz (35 M)
v3.18.47.tar.xz (35 M)
これらから対象版数を取得し「カーネルビルダー」のワークディレクトリで展開し、
「カーネルビルダー」起動後
1.そのワークディレクトリ、
2.版数、
3.対象APorteus ISO
の3つを指定すれば、ワークディレクトリ直下に更新されたISOを得る事ができます。

時刻に無知な私に、ご教示をお願いできれば幸いです。
Posted by neko at 2017年02月06日 18:40
カーネル更新ですが、私の場合、nekoさん推奨的カーネル更新の方法ではなく、身勝手な方法で更新していまして、不測の事態も起こりがちで、恐縮です。客観的に見れば、更新に伴ってなんらかの不具合を来し、症状が出てしまったということだと思うのですが、私にもなぜかがわかりません。じぶんのやったことは、第二パーティションにiso/aporteus.isoを置いてcheatcodeのfromからの起動ではなく、解凍したものを第一パーティションに(bootディレクトリだけでなく)porteus/以下にbase modulesディレクトリ等を置いています。そこいらへんのやり方の未熟さで症状が出てしまっているんではないかな、と思います。でも不思議ですね。ブラウザがローカルタイムを認識しないでハードウェアクロックを認識する、というのは。archbang(通常のarchlinux)や最近のaporteusのisoビルダーで作ったiso(そしてライブusb生成で作成したusb入りaporteus_ja)では問題は起こっていません。ちなみに、エディタで作ったファイルのタイムスタンプ(プロバティの作成日付)は、正しく出ます。つまり、ネット上で相手サーバとやり取りするときのルールに対して、違った信号(じぶんはutc時刻を使う者なり)?を相手に送信してしまうみたいなことですかね)。じぶんは、超マルチブートをやっている都合上、基本的にハードウェアクロックをutcにし、timezone設定でJapanかAsia/Tokyoにしています。ああっ、ひょっとしたら、このへんの違いが相手の対応に出ているのかも。ローカルタイムをJapanで設定ができるようになったのは、ごく最近のことです。ちょっと確かめてみます。
Posted by ブログ開設者 at 2017年02月07日 07:52
nekoさんへ。
時刻表示問題、解決しました。問題点は、aporteusにまったく関係のないところで私自身のミステークがあり、申し訳のない結末になりました。すみません。状況については、投稿します。
Posted by ブログ開設者 at 2017年02月07日 10:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: