2016年11月30日

余りの遅さに耐えかねて、ipv6。archbangとaporteus

ようやくわが家にv6が開通した。
やり方はいろいろあるみたいだけど、
いまのところV4と両方できる。

archなどでの注意点:
開通後の初めての更新のとき、
システムがなかなか起動し終わらない。

耐えかねて、システム更新すると
このところのお決まり行事で、
X関係の何かの更新で、システム更新中に
デスクトップが消えてしまうんだけど。
そのあとほうっておいたら、
じりじり更新をやりつづけているようなんだけど
一向に終わる気配がない。
ひょっとして hddが暴走したのかな、
と思って、強制再起動。
(ctrl-alt+f2で、デスクトップが
戻らない場合、もう一度ログインしなおす
ことになる。startxでデスクトップは
でるけれど、完全にもぐって更新続行中
みたいな状況になる)

そしたら、起動の途中で止まっちゃった。
隣りのarchbangから、chrootして、
更新の続きとカーネルの再インストールをして、
事なきを得ました。気をつけてください。
v6に変更しての当初は、回線は速いが、
わけもわらかず、
システムがトロトロ更新したりします。
network-manager辺りが自動調整中で、
影響が出ているんだろうか。

で、回線速度ですが、archのデフォルトカーネルが、
64mbぐらいかと思ったけど、ダウンロードにかかる
時間が7秒か8秒ぐらい。問題は、夜にどうか、ですね。
いままでの遅かった時間帯にどのくらいの速さか。

在来線と新幹線の差ぐらいあってほしい。
とにかく通る道(インフラ)は別であるそうだ。
v4に比べipアドレスの許容量は圧倒的なものがあるから、
まだ速いんじゃないかなと期待しています。

相手がv6対応のサーバーでないと、
つながらない、ってことかな。

linuxで、v6でつながらない、という
ケースは、まずないんじゃないかな。
昔に構築したgentooあたりでないと。


posted by ブログ開設者 at 17:13| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: