2016年09月23日

インストール手順概略。このごろのarchbang(20160917版)

典型例のみ

$ sudo gparted
パーティションを作成。
$ sudo mount /dev/sdXY /mnt
※パーティションを分けたい人は、/mnt/varとか、/mnt/usrとか、
/mnt/homeとか、mkdirして、各パーティションをマウント
すればいいはず。
$ sudo /usr/bin/fast-install -b

インストールということでは、これだけ!

-bオプションを付けると、
ブートローダーが、syslinuxでmbr(hddのアタマ)に入る。
ブートローダーsyslinuxをmbrにインストールしたくない
という場合は、-bオプションを外して実行。

パッケージとしては、syslinuxだけでなく、grub2も入る。
arch-chrootして、grub-installすればいい。

じぶんの場合、-bオプションを試すためfast-install -bを
実行してみて、想像通りmbrにsyslinuxが入った。
mbmで起動する元の状態に戻すため、本体起動後、
$ sudo syslinux --install /dev/sdXY
を実行。このとき、インストール先のファイルシステムが
fatかntfsじゃないみたなことを言ってくるが無視。
mbrにmbmをインストールしなおして、
mbm→syslinuxでの起動ができるようになった。

■本体起動後の基本設定■

時計:
$ sudo rm /etc/localtime
$ sudo ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime


キーボード(jp106):
$ sudo nano /etc/X11/xorg.conf.d/01-keyboard-layout.conf
Section "InputClass"
Identifier "keyboard-layout"
Driver "evdev"
MatchIsKeyboard "yes"
Option "XkbLayout" "jp"
EndSection


地域合わせ日本語表示:
$ sudo nano /etc/locale.gen
en_US.UTF-8 UTF-8
の行頭に「#」を付けてコメントアウト。
#ja_JP.UTF-8 UTF-8
行頭の「#」を外して、保存。

$ sudo nano /etc/locale.conf
LANG=ja_JP.UTF-8

$ sudo locale-gen
Generating locales...
ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.

日本語入力:
$ sudo nano /etc/pacman.conf
[archlinuxfr]
SigLevel = Never
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch


$ sudo nano /etc/pacman.d/mirrorlist
#Server = http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/archlinux/$repo/os/$arch
#Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch
行頭の「#」を外す。

日本語フォント:
$ sudo pacman -Syyu
$ sudo pacman -S yaourt base-devel
$ yaourt ttf-vlgothic

PKGBUILDファイル、ttf.installファイルの編集は、noで対応。

日本語入力:
$ sudo pacman -S fcitx fcitx-mozc gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-configtool

$ nano ~/.config/openbox/autostart
fcitx -d &

$ sudo nano ~/.bashrc

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx


$ sudo reboot

日本語入力のつづき:
システムが立ち上がったら、
tint2パネル、システムトレイのfcitxアイコンを
右クリック。出たプルアップメニューから「設定」を開き、
「入力メソッド」タブ内にある「+」をクリックして、「MOZC」と
「キーボード - 日本語」を選択、okする。
同ウィンドウの「現在の言語のみ表示」のあたまのレ点を外さないと、
MOZCは見つからないかもしれない。

リブート1回では、設定が全面反映いしないかもしれない。
2〜3度やれば、たぶん切り替わる。


posted by ブログ開設者 at 13:12| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: