2016年08月27日

ディストロ連続upgrade失敗。linux

失敗したのは、archbang-openrc-rc-100816-x86_64を
インストールして、もう消去しちゃったけど、
ubuntusudio14(.10?)-amd64と、fedora22-x86_64。

ubuntusudio14.10?は、ubuntuでいえば、16.04へ。
fedora22は、fedora24へ。
どちらも起動しないわけじゃないけれど、
vlcがおかしくなった。
ubuntustudioは、ファイル再生、テレビも
できるけど、映像が映っているとき、
プルダウンのメニューが使えず、
ウィンドウと映像が分離するみたいな、、、。

fedoraのほうは、vlcで、ファイル再生も、
テレビを映すこともまったくできない。

ディストロ全体のupgradeは、
じつに大掛かりだから、何が何して、
どう悪くなっているのか、皆目わからない。
特殊なものをインストールしてあると、
upgradeが上手くいかないことが多いようだけど、
rpmfusionなんかは、開いたままやらないと、
却ってお叱りを受けたりするし。

それにしても、fedoraはサイクルが早い
というか、あっという間にサポートが期限切れするね。


posted by ブログ開設者 at 14:16| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: