2016年08月27日

来んな! 帰れ!な、archbang-openrc-rc-100816-x86_64(uefi+gptインストール)

インストールの中身は、予想通り、このところのまんま。
だけど、しばらくインストールしていないだけで、
こうも忘れるものか、と難儀した。

今回、hdd内のほかとの関連上、めったにやらない
uefiのgrub2インストールをしようとしたが、
マウントポイント、/mnt/boot/efiを作り忘れ、
autoでブートローダーをインストールしちゃったから、失敗。
hdd内のほかのディストロからgrub-mkconfigして、
起動せねばならなかった。

インストールメディアからインストーラーを起動するまえに
本来やらなきゃならないのは、こうだったと思う。

$ sudo mkdir -p /mnt/boot/efi
$ sudo mount /dev/sdaX /mnt/boot/efi
 # Xは、fat32のEFIパーティション番号
$ sudo mount /dev/sdaY /mnt # Yは、root「/」に設定したパーティション番号

以上、インストーラー起動まえに、
最低限する必要があったはずのこと。
これなら、autoのブートローダーインストール選択でも、
通ったんじゃないかと思う。

で、本体起動後にやるべきこと。

pacman-keyの操作は、やらなくても
通っていたような、、、?

$ sudo nano /etc/pacman.d/mirrorlist
修正:日本のサーバーの行頭の「#」を外す
##Japan
#Server = http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/archlinux/$repo/os/$arch
#Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch

$ sudo nano /etc/pacman.conf
いずれ必要になるから32biアプリ対応を有効に。
修正:行頭の「#」を外す
#[multilib]
#Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

同じページで下記を追記:aurとお付き合いしないと何もできない。
[archlinuxfr]
SigLevel=Never
Server=http://repo.archlinux.fr/$arch


pacman-keyの --init と --polulate archlinux の操作は、
しなくても大丈夫だったような。

$ sudo pacman -Syy

$ sudo pacman -S base-devel yaourt
$ yaourt ttf-vlgothic
$ sudo pacman -S fcitx fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-configtool
$ sudo nano ~/.confg/openbox/autostart

fcitx &
$ sudo nano ~/.bashrc
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx


$ sudo nano /etc/locale.gen
#ja_JP.UTF-8 UTF-8
$ sudo locale-gen
$ sudo nano /etc/locale.conf
LANG=ja_JP.UTF-8 UTF-8
$ sudo rm /etc/localtime
$ sudo ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
$ sudo nano /etc/X11/xorg.conf.d/01-keyboard-layout.conf

Section "InputClass"
Identifier "keyboard-layout"
Driver "evdev"
MatchIsKeyboard "yes"
Option "XkbLayout" "jp"
EndSection

& sudo grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot/efi \
--bootloader-id=archbang-openrc --recheck --debug
$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg


$ sudo reboot

これで、インストールしたarchbang-openrcから、
uefi+gpt上、grub2で主体的に起動できるはず。
インストールしたhddの電源ケーブルと信号ケーブルを
切り離さないかぎり。

ちなみに、上記は話をはっしょっている。
じつは今日の昼(20160827,12:00)現在、上記のままでは、
$ sudo pacman -Syyu
:: パッケージデータベースの同期中...
core 119.9 KiB 246K/s 00:00 [######################] 100%
extra 1760.2 KiB 446K/s 00:04 [######################] 100%
community 3.6 MiB 502K/s 00:07 [######################] 100%
multilib 173.1 KiB 1037K/s 00:00 [######################] 100%
arch-openrc 93.9 KiB 2.78M/s 00:00 [######################] 100%
arch-openrc.sig 543.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
arch-nosystemd 30.8 KiB 7.52M/s 00:00 [######################] 100%
arch-nosystemd.sig 543.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
archlinuxfr 14.0 KiB 54.4K/s 00:00 [######################] 100%
:: システム全体の更新を開始...
:: eudev-systemdcompat を arch-openrc/eudev-systemd に置き換えますか? [Y/n]
:: eudev-systemdcompat を arch-openrc/libeudev-systemd に置き換えますか? [Y/n]
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...
エラー: 処理の準備に失敗しました (依存関係を解決できませんでした)
:: upower-pm-utils: eudev-systemdcompat を削除すると 'eudev-systemdcompat' の依存関係が壊れます

$
と、なってしまっている。

よって、archlinux本家系のパッケージを更新するには、
$ sudo nano /etc/pacman.conf

#[arch-openrc]
#Include = /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc

#[arch-nosystemd]
#Include = /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc

とコメントアウトする必要がある。

archbangを、どうせインストールするなら、
リリースされてから早めがいい。その時点としては
帳尻は合っているだろうから。

現に、6月ぐらいに、systemdからopenrcに変更した、
archbangは、今日も快調、何の問題もなく更新できている。

ひょっとしたら、新しいバージョンが出て、
インストールしなおしを勧進されるかも。

でも、こういうことでは、浮世の義理を感じる人以外、
来なくなっちゃうね。本家よりはラクだけど、
かなり手間がかかる。初期設定は、
インストール中でもできるけど、手動の世界。じぶんの場合、
3番目か4番目だかのオプション設定の項目をスルーし、
本体起動後にすべてやっている。
そのほうが落ち着いてやれる。


ちなみに、sudoはNOPASSWDになっている。
でも、/etc/sudoersに記述なく。
loginもNOPASSWD。でもlxdmもlightdmも、
slimもインストールされていない。
/etc/inittabにaoutologinの記述もない。
どうやってやっているんだろう。

2016-08-27-123659_1680x1050_scrot.jpg

入れておいたほうがたいがいの人にいいもの:
leafpad,gnome-icon-theme
デフォルトのままでは、隠しファイルとか
アイコン表示しない。


posted by ブログ開設者 at 12:45| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: