2016年08月11日

fedora-rawhide(fc25もしくはfc26)での更新で、rpmfusionでの公開キー期限切れ対応。

久しぶりにrawhideに来てみたら、
1200ほどのパッケージの更新候補があり、、、。

で、更新にかかったら、ダウンロードは完了するが、
ある種のパッケージで、「・・・署名されていません」の表示が出て、
更新できない。ffmpegとか、rpmfusionからのパッケージらしい。
ってことで、rpmfusinサイトから、新しいrpmパッケージをダウンロード
してきたら、パッケージの名前は同じだけど解凍ソフトで中を覗いたら、
リリース時期が違っている。
ってことで、rpm -U してみたら、更新できるようになった。

初めてlinuxしたとき、fedoraだったんだけど、
こんなことはなかったような。
(あ、rawhideバージョンゆえ
旅の終わりがないからだ)

訂正前でも、ダウロードはするんだから、
ダウンロード先は変わっていないわけで、
キーの記述さえ訂正すれば、いいはずなんだけど、
rpmでインストールするのが正ってことでしょうね。

更新後で、vlcのバージョンが、3.0.0-0.5.fc25

rawhideは、常時使っているぶんには、
ほぼ問題ないけれど、たまにしか動かさないんでは、
更新速度が速いので、たいへんです。
でも、ubuntuの斥候バージョンのsiductionより、
こっちのほうが安定している気はする。dnf効果?


posted by ブログ開設者 at 23:49| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: