2015年11月28日

slackware-current-20151125-i486版_覚え書き

slwackware-current-20151125版
(追加の必要パッケージを含む)

###card_readerインストール
alglib-2.6.0-i486-7sl.txz
ccid-1.4.21-i486-1_slack.txz
pcsc-lite-1.8.12-i486-1_slack.txz
pcsc-perl-1.4.10-i686-1sl.txz
pcsc-tools-1.4.23-i486-2_slack.txz
perl-glib-1.262-i486-2dj.txz
perl-gtk2-1.244-i486-2dj.txz

##tune,fuse_b25インストール
他のlinuxと同じ。
解錠場所は、/etc/rc.d/rc.local

##vlcインストール
libdca-0.0.5-i486-7sl.txz
libdvbpsi-1.2.0-i486-1gds.txz
libebml-1.3.0-i486-1sl.txz
libmatroska-1.4.1-i486-1sl.txz
libmpcdec-1.2.6-i486-10sl.txz
libmpeg2-0.5.1-i486-8sl.txz
libmpcdec-1.2.6-i486-10sl.txz
libmpeg2-0.5.1-i486-8sl.txz
libshout-2.3.1-i486-1sl.txz
libtar-1.2.11-i486-1dj.txz
libtiger-0.3.4-i486-3sl.txz
npapi-vlc-20140226-i486-1alien.txz
vlc-2.1.4-i486-1alien.txz


##chromium
chromium-31.0.1650.57-i486-2_slack.txz
libgcrypt-1.4.6-i486-1.txz

##ibus-anthyインストール(敢えて古め)
ibus-1.3.9.tar.gz
ibus-anthy-1.2.7.tar.gz
ibus-qt-1.3.1-Source.tar.gz
pyxdg-0.25.tar.gz


※懸案だったglibc-solibsなんだけど、
最新版の glibc-solibs-2.22-i586-1が
デフォルトで入っていた。このことに気づかず、
なんどシステムを破壊してしまったことか。

♪あー、あ,あっ やんなっちゃった、
あー、あ,あっ おどろいた。
ウクレレ、ないか?

ってことで、
特記:間違っても、glibc-solibsの
2.15とか、2.17とか、旧バージョンを
インストールしないことです。システムが
瞬時に逝ってしまいます。

xfceのデスクトップ環境のよさが、
少し理解できるようになってきた。
ファイルマネージャーのウィンドウ上、
右クリックで、現在位置でterminalを
開くことができる。spacefmの
メニューで出すより、かなり早い。
表現という意味では、やっぱり貧相かな。
ダウンロードしてきたthemeは
置き場所がほかのlinuxとは違うようで。
いまのところ上手く反映できない。

↓  ↓  ↓  ↓
archbang起動を追加した/etc/lilo.confの設定

# generated by 'liloconfig'
boot = /dev/sda1
# Linux bootable partition config begins
image = /boot/vmlinuz
root = /dev/sda1
label = SlackCurrent
read-only
image = /mnt/archbang1/boot/vmlinuz-linux
initrd = /mnt/archbang1/boot/initramfs-linux.img
root = /dev/sda5
label = archbang1
read-only


$ sudo mkdir /mnt/archbang1
$ sudo mount /dev/sda5 /mnt/archbang1
$ sudo lilo


で、起動の現状:

slackwareマルチブート図.jpg

※あっ! slackwarは、slackware。
slackwareのアーキテクチュアは、i486。


ってことで、個人的には理想的。
liloを元締めにするには、理解が足りないし、
信頼性もまだわからない。
こうやっておけば、どこかで有事ってときも、
システム起動できるかもしれない。

2段階ブートがうっとうしい?
慣れだ、馴れっ!!

残りは、autologin & autostartxだけになった。
いまのところできていない。
/etc/inittabで、
id:4:initdefault:
にして、ふつうにログイン画面が出て、
startxのほうは自動の状態。


posted by ブログ開設者 at 22:24| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: