2015年05月18日

autologin&autostartxリベンジ編。xfce上、plamo-5.3.1-x86

一度は”世間”を騒がせた身。
忍んでいるべきであったが、
openboxへ移行の失敗も
悔しくて、再度トライ。

できた、と思うんだけど、、、。

$ pwd
~/
$ sudo nano autologin.c
記述内容:
int main() {
execlp( "login", "login", "-f", "user_name", 0);
}


$ sudo gcc -o autologin autologin.c
autologin.c: 関数 'main' 内:
autologin.c:2:1: 警告: 組み込み関数 'execlp' の互換性がない暗黙的な宣言です [デフォルトで有効]
execlp( "login", "login", "-f", "user_name", 0);
^


なーんていう表示が出ちゃって、エラーか、と思うんだけど。
autologinの実行ファイルは、製造されちゃう(C言語は宇宙語だ!)。

ダメモトで、
$ sudo cp autologin /usr/local/sbin/
と配置してみる。そして、

$ sudo nano /etc/inittab
とinittabを開いて、

# for 'getty_ps' you use line, linespeed and also use 'gettydefs'
のところの下、

c1:1235:respawn:/sbin/agetty 38400 tty1 linux に#を付けコメントアウト。
 ↓  ↓  ↓  ↓
c1:2345:respawn:/sbin/agetty -n -l /usr/local/sbin/autologin 38400 tty1 を挿入保存。


autostartxは、失敗時のまま変更なしだけど、再掲。
$ sudo nano .bash_profile
記述内容:
if [ -z "$DISPLAY" ] && [ $(tty) == /dev/tty1 ]; then
startx
fi


以上です。

なお、inittabのdefault runlevelは、3
ここがお味噌で、aoutologin&autostartxに
なっても、ctrl-alt+F2で、Xを退場し、
consoleでの作業ができる。
slimやxdmなどのログインツールは、
使わない古典的な方法。正確にやったから、
いけたわけでもないけど、ま、いけた。

3回再起動をかけて、いずれも無事に起動し、
前回問題だった、
guiのシステム終了ツールへの影響もなく、使える。

前回の件があるので、勝利の雄叫びは控えます。

これをもって、失敗のほうの投稿は削除します。


posted by ブログ開設者 at 22:51| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: