2015年05月18日

二度目のslackware系。事後の気分総括。

最初は、slackware本家。この度は、
本家とは少し違うみたいなplamo。
以前に一度、plamoをインストールしたことが
あった。インストールできただけで、
なーんもできなかったが、このたびは、
経験値も上がっていて、じぶんふうに
使えるようにはできた。

判ったことは、ビルドなんかしなくても、
たいがいのものは、installpkgコマンドで
インストールできる。.txzか.tgzが拡張子の
パッケージがある。でも、依存関係とか、
ある程度わかっていないと、しんどい。

きのう、xfce4なのに、xfburnがデフォルトで
入っていず、インストールしたけれど、
こんな手順で動作するようにした。
パッケージの名前は忘れたが、、、。

まず、xfburn本体をインストールした。
コマンド実行すると、ライブラリエラーが出て、
XXXXX.so.1とかがない、みたな表示が出て、
XXXXXで、ネット検索し、これとおぼしきのを
ダウンロードしてみ、インストール。
そしてまた、xfburnをコマンド実行した。
そうすると、また別の、YYYYYY.so.5とか7とかが
ないみたいな表示が出て、またネット検索で、
YYYYYYを見つけ、ダウンロード、インストール。
そしてまたまた、xfburnをコマンド実行。
ついに起動し、ソフトの画面が現れるという状態。

ダウンロードサイトには、依存パッケージが
出ている画面もあるけれど、何が足りていないか、
自覚がないから、こうでもするしか方法がない。

つまり、パッケージ管理という概念がない。
その代わり、広大無辺、自由の野辺がある、ってことですかね。
きのう面白かったのが、間違ってx86_64のパッケージを
インストールしちゃった。ちゃんとインストール
されちゃったから、気づかない。
コマンド実行したら、実行できないなんちゃらかんちゃら
という表示が出て、インストールした、.txzを確認したら、
.i486や.i586とかじゃなかったってわけ。

そうではいかん、という流れもあるようで、
sbopkgという管理ツールがあって、
slackwareでは使えたんだけど、
plamoでは上手く動作させられなかった。
起動はしたし、データベースとシンクロ
させられたようだったけど、、、。
このツール。本家slackwareのときにずいぶん使ったけど、
インストールできるのもが古い感じで、
時間が止まっているかのように、
一向に更新されない。

じぶんの身はじぶんで守る、みたいな
アメリカ社会と似た雰囲気がある。
きつい法律がないみたいな。

32ビット版なら、インストールするパッケージが
i486でも、i586でも、i686でも、なんでもいいんです。
パッケージ名の尾ひれの記号も気にしなくていい。
それらが、依存でちゃんぽんになっても、動作する。
ubuntu辺りの超管理主義とは、真反対の世界。

日本人がどっちが好きか、といえば、
大勢としてはubuntuでしょうね。
石平氏に云わせれば、「世界でもっとも
社会主義を昇華させた国は、日本。それも
自然的にね」という話だから。
日本人には、ルールのあることを望み、
ルールに沿うじぶんを好むdnaがある。

じぶんとしては、きのう、ひと月ぶりぐらいに
archbangをインストールしたけど、
洗練度では、これがいちばん、といまさらながら思った。
「望みの実現」までの速度がめちゃくちゃ速い。
スポーツカー。もちろん、生きる楽しみは、
それだけではないのは知っているが。

知り合いの人に、身体的条件がもとで、
運転免許証の更新ができず、ってことがあった。
乗り慣れた自動車を自転車に乗り換え、
「いままで見過ごしていた、見えなかった
ものが見えてくる思い」と前向きに
暮らしておられる。そのとおり
だと想う。速いだけがすべてじゃない。

gentooとか、いま気になっているvoidlinux。
進歩の過程には、微視的というのとは
ちょっと違うけど、基礎研究というか、
人肌的にそのものとふれあおうとする
態度こそが、次の進歩をもたらすんだろうな、と想う。
だから、ゆっくり、も大切。

ただ、トシを食ってくると、
ひと桁、十代のころの時間の進み方と
比べると、5倍速ぐらいになる。
一年なんて、アッと云う間。
桜のきれいさも、じぶんの中でどんどん増してくる。
人生終盤は、身体的おとろえに反して、
その内実は、猛スピードということだ。

だから、速いlinuxが、神々しく見える。
理由になっていない? そんなこと
言わないで、理解してたもれ。


posted by ブログ開設者 at 07:18| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: