2015年04月05日

お痛の領域。blackarch

archbangにリポジトリを追加して、
インストールしてみた。
インストールされるパッケージが
依存パッケージも含めると、その数は
2026だった。インストールすることによる
消費容量は9gbちょっと。

openboxのメニューに分散して、
かなりツールがインストールされた
ようだったけど、なんだか、
よくわからなかった。

$ sudo pacman -Rs blackarch

としてでは、archlinuxのリポジトリから関連で、
追加されたパッケージが削除されずに
残って、容量的に8gbちょっとぐらいしか
削除できなかった。

$ sudo pacman -Sc

をしても、まだ元通りにならない。
そりゃそうで、インストールされている状態
のものは、削除されないからね。

いま、システム全体の使用容量は6〜7gbぐらい。



また関連話で、、、

日本国政府がイスラエルと仲良くするらしい。
目的は、サイバー戦ノウハウ獲得への
下準備という話も漏れ聞こえる。

この道では、防御戦に特化した勉強って、
あり得ず、そんな甘い姿勢では技術は
身につかないんだそうだね。
実際に侵入、攻撃しないと身につかないものらしい。

おっそーるべき。

大義があるなら、
泥をかぶる人材(今様サイバー忍者?)も
名も無き戦士として、きっと現れてくるだろう。

東北大震災の被災地の人々が示した日本人のありようには、
悲しくも誇らしい思いがし涙した。
基本、人間性善説で社会が成り立っているのは、
世界広しといえども、文明国の範囲では、じつのところ日本だけ。
世界のすべての国は、たぬきときつねどもばかりだよ。
日本には、そういったものは、
うどんと置物、神社にしかないのに。

人間性悪説に基づく人材の育成も、性善説な社会を守りきるために、
必要な時代、必要な施策なのかもしれない。
ファーストフードで席取りするのに荷物を置いて、
注文カウンターに行けるのは日本だけ。
世界的に稀有なお人好しの日本精神が滅ぶのなら、
人類が人類をやっている意味などなく、
世界にとっても何の希望もない。とっとと地球に彗星でも
衝突して、人類は幕を閉じればいいのだ。

二回目の鎖国、したらどうなんかね!
世界は、まっこと野蛮すぎる。


posted by ブログ開設者 at 20:33| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: