2014年10月08日

tuneのctrl-c改善に役には立たないが。archlinuxの基本パッケージ

この世の闇の中(Xなし)で、tune受信ができるように
がんばったのに、base,base-develの全パッケージリストを
把握するには(再インストールじゃ全リストが出なくて)、
フォーマットしなおして再インストールのフリを
しなければならなかった。
デスクトップの前でもう一個、ノートブックを開いて、
テキスト打ちしました。

役に立つ可能性は極めて低いけれど、
別な何かの役に立つかもしれない、と思いブログ保存。

徒労でしかないようなことをやっていても
発見はあるもので、
コンソールの画面を止めるのに思わず、
ctrl-zを押したんだけど、復帰の仕方が判らない。
調べた結果、プロセスの進行の再開は、
fgコマンドでできるんだってことが解った。
ひとつ、賢くなった!


posted by ブログ開設者 at 11:05| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: