2014年10月05日

linux-mainlineというカーネル。archbang-20131010-x86_64

去年のいま頃インストールしたarchbangを
実験場にして、linux-mainlineというカーネルを
インストールしてみた。まだctrl-c問題にこだわている。

mainlineという名から、少し古い安定版かな
と思ったら、3.17.0-1のカーネルだった。
じぶんの環境では、状況は何も変わらず。
ctrl-cのことは解決しないが、不具合はなかった。

linux-lts
linux-lqx
linux-grsec(じぶんの環境では起動すらしない)
linux-mainline

と標準仕様のカーネル以外に4つ試したが、
どこが違うのかさっぱり判らない。

判ったのは、出来合い、ないし、イージーオーダーの
カーネルは、無駄が多いということ。膨大な量の
ドライバーが含まれていますね。
yaourutコマンドを実行してその後の展開を眺めていると
よーくわかる。じぶんの場合なんか、
モニタが映って、キーボードとマウスが使えて
usbフラッシュメモリを認識し、ちゃんと音が出て、
pciでpt2が使えれば、okなんだけど。

環境固定として、適正な自前カーネルを再構築できたら、
10分の1ぐらいのデータサイズになるんじゃないかな。

archbang的に観るならば、
モニタ表示に必要なパッケージは、
mesa-driとxf86-video-intelだけのはず。
xf86-video*のもろもろは、ぜんぶはずしたって
いいはず。一度やったことがある。問題なかった。

この先、がんばるべきは、カーネル構築に
強くなることかな。


posted by ブログ開設者 at 22:25| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: