2013年11月16日

ホットキー、練習中2。archnbang-i3

続編でーす。

タイルにした画面の上で、フロートのウィンドウが扱える。
つまり、自由に動かせる。
まるで、タイルのいつくつかが
合わさってデスクトップになったかのようだ。
風呂場の壁のタイル。

ただ、通常のデスクトップと違うのは、そこにカーソルが入ると、
タイルとはいえ、ただちにアクティブウィンドウになることだ。
ウィンドウ(タイル)の見えない部分がフロートウィンドウの下に
潜ったままなんだけどね。
フロートウィンドウは上にあっても非アクティブになる。
タイルとフロートが入り混じっているところで、
カーソルを動かすと、カーソルが入ったウィンドウが
フロートであろうが、タイルであろうが、アクティブになる。

ここでの難しさは、やっぱり文字入力する際とかだ。
打ち込むウインドウ上に、カーソルが入っていないとまずい。
作業の途中で、マウスが肘とかにあたり、
カーソルがウィンドウの外に出ると、
突如としてほかのウィンドウを操作するハメになる。
conkyrcのファイルをおかしくしたのも、
どうやらそのせいのようだ。

こういうのを避ける簡単な方法は、真のデスクトップが
周囲に見える状態にすることだ。つまり、タイルを使わないこと。
ウィンドウからカーソルが真のデスクトップに出るぶんには、
入力していたウィンドウはアクティブのままだから。


あと、i3で面白いのは、ワークスペース間で、ウィンドウを
自由に移動させられることだね。
いま、ワークスペース1にいるとして、
どれか送りたいウィンドウをアクティブにし、super+shift+2を押せば、
ワークスペース2の作成と、送ウィンドウを、一発でやってくれる。
タイルを一枚送ったとして、タイルが一枚減ったワークスペース1では、
他のタイルが等分に拡大し空いたスペースを埋め合わせする。

これ、熟達すると、けっこう早い!だろうと思う。
エネルギーの放出を抑えるため、できるだけ手首から先で操作したい
マウス派(老人)も、興奮!?

そこの老人! hddにスペースをどうにか設けて、
インストールしてみるかい。
http://sourceforge.net/projects/archbang/files/Testing/


posted by ブログ開設者 at 12:41| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: