2013年02月17日

好みの押し売り。gnome-looking

gnome-looking.orgから
malys - inversio 1.5 をダウンロードすると、
malys-inversio-white
malys-inversio-gray
のフォルダが出てくる。
それを、/usr/share/themesに
移すかコピーすると、
openboxのメニューの
refarences→user interface settings の
画面の一等最初、ウィジットで選択できる
ようになる。

じぶんは、malys-inversio-grayを使っている
(といっても、たったひとつのarchbangでだけ。
変えないとどれがどれだかわからなくなるので)。

グレートとブラックのコンビネーションが
面白く使っていて、
選択強調の色は、朱色。作業の
状態表示なんかも、面白い。

温度計の水銀柱ふうのが伸びる系でなく、
朱色の線の位置が動いたりする。
プルダウンなんかのサブメニューの表示は、
窓っぽく出る。
これは好みの分かれるところだろう。

写真は、パッチ当て版のvlc-2.0.5-3を
インストールしたばかりのarchbang(x86_64)。

malys-inversio1.5.png



posted by ブログ開設者 at 18:25| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: