2013年02月17日

食指、動かず。kubuntu & ubuntu本家

デスクトップ環境として、kdeは好きになれない。
マイナーなブラウザが無理やり付いてくるとか、
わけのわからないまな板が付いてくるとか。

ubuntuのデスクトップ環境は、unityというらしいけど、
嫌いだね。ubuntuのユーザーがmintに流れたから
いまのmint人気がある、って話も聞いた。

でも、grubの2.00は、使ってみたい。
frugalwarelinuxがそうだったんだけど、
なぜか壊れた。テスト的に不安定なhddに入れて、
起動時に何かが起こり、それを機にへそを
曲げたのだったかもしれない。

これ、インストーラーがなんだかへんで、
インストールの過程がじつに不可解、
おもしろくなく、やめにした。

ubuntuなら、本家でないほうが
おもしろいものが多い。
descentos、backbox、lubuntu、
u-studio、mint、、、。

snowlinuxは、debianベースを選択して失敗したが、
ubuntuベースのsnowなら、いいんじゃないかな。

pearlinuxは、debian直径かどうか
忘れたが、じぶんの環境では、
クリックしてgpartedが起動しない。
(ターミナルでのコマンド操作でなら起動する)
vlcの四分の一表示で、左右に
余分なスペースが残りすぎる、とか、
完璧じゃない。

soluslinuxは、決定的な問題として
flashpluginの動作がおかしい。
これは、debian直径だった。

この方面は、本家でないubuntu系に限る!
と思う。


posted by ブログ開設者 at 10:23| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: