2013年02月17日

linux-3.7.8-1、問題なし。arch系(bang、bridge含む)

じぶんが使っている中では、
arch系とはいえ、manjaroは例外で、
ずっとゆっくり更新してくるので、この更新は影響外。
しっかし、manjaroは安定している。
石橋を叩いて系って感じ、arch系にはめずらしく。

最新の2013/02/06版以外は、
統合版system-config-printerは、
適用していない。
system-config-printer-common
system-config-printer-gnome
のセットで使い続けている、
dcp7030が認識されなくなった関連で。
それで、いまのところ、問題はない。

いま、計算したら、archbang
だけで、8つ。もう異常。
でもそのおかげをもって、起こっていることの
客観化はしやすい。
ローリングリリースを謳っているディストロの
証として、いちばん古いarchbangも
とってある。gribc問題、systemd移行の
難関を突破してきたつわ者。
それも、linux-3.7.8-1にできたし、
動作に問題はない。

grubがレガシーで、
カーネルが3.4台だったころからの付き合い。


posted by ブログ開設者 at 09:57| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: