2012年10月18日

dcp7030で不具合発覚。linuxmint

メーカー提供のプリンタドライバを
インストールして、動くには動くんだけど、
メーカーマニュアル指示のコマンド
dpkg -i --force-all でインストールすると、
synapticでは「破損」の扱いを受けて赤印ででちゃう。

その状態のままsynapticで別な何かをインストールしようとすると、
インストールまえのリムーブ項目として、dcp7030関連の二つを
削除する、という表示が出ちゃう。困った問題だね。
オプションに--forceを使うとそういうことになるのかね。
ubunt12.04のときは大丈夫だったような気がするけど。

ネットで検索すると
sudo dpkg -i --force-architecture brdcp7030lpr-2.0.2-1.i386.deb
sudo dpkg -i --force-architecture cupswrapperDCP7030-2.0.2-1.i386.deb

としろ、みたいな記事がある。

で、manを読むと、

--foreign-architecture
    Add architecture to the list of architectures for which
    packages can be installed without using --force-architec‐
    ture, in addition to the architecture dpkg is built for
    (i.e.: the output of --print-architecture)

てな事が書いてある。 さて、どうしよう。
posted by ブログ開設者 at 19:32| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: