2022年10月25日

i3-wmのlayout設定。archbang-i3の場合。

i3-wmで、layoutモードの設定を追加すると、
タブ行を1行上部に出して、workspace内に
あるウィンドウをタブ選択で、
フルスクリーン表示で切り替えたりできるようです。

bindsym Mod1+l mode "layout"
mode "layout" {
bindsym Return mode "default"
bindsym h layout splith; mode "default"
bindsym v layout splitv; mode "default"
bindsym s layout stacking; mode "default"
bindsym t layout tabbed; mode "default"
bindsym f floating toggle; mode "default"
}

Mod1というのは、altキーです。

Mod1+lを押すと、layoutモードになり、
単独で、hからfまでを押せば、いろんなレイアウトになります。
タブ表示にするには、ttを押した途端に、
モードは抜けて、タブ表示になります。
元のタイル表示に戻すには、
Mod1+lを押してlayoutモードに入り、hを押す。
その他のレイアウトは、ご自身で試してください。

操作を何もしないままモードを抜けるには、
Returnキーを押します。

layoutモードは、同モードを実行した
当該workspaceでのみ有効です。

上記を、~/.config/i3/configに設定で、
私は動作しましたが、責任は持てません。
下手するとモードから抜けられないとかあるらしいです。
bindsym Return mode "default"
は、必ず入れておく一行のようです。
どのモードを使っても、実行した途端に
モード抜けするから、大丈夫とは思いますが。

なお、下のステータスバーに、layoutモードの
表示が出ている間は、i3-wmに設定してある
バインドキーは、一切効かないです。
resizeモードのときも同じ。

i3_layout_2022-10-25_00-57-31.jpg

tabbedモードの状態。一番上にタブ行が出ている
のが見えると思います。
タブを選び変えれば、それぞれのウインドウが、
全画面表示します。アプリが混在しても
タブ表示ができるので、便利ですね。

タブの選択位置を変えるには、マウスクリックか、
$Mod+Shift+横矢印キーです。
$Modキーは、archbang-i3の場合、
Mod4のWin旗キー。


posted by ブログ開設者 at 01:21| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月24日

変数扱いをやめたら上手く行きました。firefoxをbrave-binに変更すると、workspace 3で開かない、の件 / i3-wm。

set $browser brave

bindsym $mod+w exec $ei brave
assign [class="Brave"] $ws3

問題は解決したけれど、なぜ変数が
firefoxに対してだけ効くのかは、判りません。


posted by ブログ開設者 at 22:29| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(解決なしの追記)firefoxをbrave-binに変更すると、workspace 3で開かない。archbang-i3で解らない一件。

~/.config/i3/config で、

# Set browser application
set $browser brave

# Browser and move to workspace 3
bindsym $mod+w exec $ei $browser
assign [class=$browser] 3

---

firefoxなら、ちゃんとworkspace 3で
開くのに、コマンドを、braveに変えると、
なぜか、どこでも開いているworkspace上に
開きます。1に居れば、1で開きます。

わからん!!!


↓  ↓  ↓  ↓(20221024 21:26)
operaでやってみても、結果はbraveと同じでした。
つまり、firefoxにおいてのみ、効き目があります。
workspaceの指定の方法を以下に変えても設定は
機能するものの、状況は変わりませんでした。
for_window [class=$browser] move to workspace $ws3

じつは、archcraftを別なタイリングウィンドウマネージャーの
bspwmで立ち上げたときも、同じ状況が起こります。
デフォルトで、worksapce2にfirefoxが開くように
なっています。これをbraveに変えると、workspaceの
指定が無効になりり、いまいるworkspaceで開きます。

必ず、ワケがあるのがコンピューターの世界。
なぜそういうふうになるのか、理由が知りたいものです。


posted by ブログ開設者 at 21:36| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする