2022年08月25日

mabox-linux-22.08-Herbolth-220820-linux54.iso。vmware workstation player16.2.4 / sparkylinux-6.4-amd64

3点表示のconkyをどう起動しているか、気になりました。

ディストリビューションとしては、manjaro系です。
カーネルがlinux515とlinux54のisoが用意されています。
デスクトップは、シンプルなopenboxですが、
あれこれ、てんこ盛り系で、じぶんの手に負える
タイプではないですが、、、。

で、conkyですが、
/usr/bin/mb-conky-sessionという特別な
スクリプトの実行ファイルを用意していて、
3つの設定ファイルを同時に表示しています。

どうやって。については、スクリプトを観て、
複雑につき、知ることをあきらめました。

manjaroの動きに合わせて、
これが、つねに適正に保たれるか
については、ちょっと疑問ですねえ。

ディストリビューションの進展の流れとしては、
われ、ここにあり、で派手めにスタートして、
継続するディストロであれば、次第に無駄がそがれていき、
シンプルになっていく傾向があるように思います。
maboxを幕府の将軍に例えれば、二代将軍辺り?

じぶんが仮想環境のホストとして重用している
sparkylinuxも当初は、conkyだの、
plankだったかwbarだったか、ランチャーツールも
入れていたりして、ガチャガチャと
賑わった体裁で始まっていました。
ずいぶんと大人になりました。

manjaroは、こだわり派のarchlinuxで、
maboxもその流れを汲んでいるのだと思いますが、
じぶんは、使わないですね。live起動で試したまでです。

mabox_2022-08-25_07-16-18.jpg

背景が赤に設定してあるターミナルは、
初めて見ました。Terminatorです。
sudoを付けて起動すると、黒バックに変身しました。

↓  ↓  ↓  ↓(202208261635)
インストーラーは、calamaresなので、簡単でしょう。
画面上部のランチャーをクリックで起動します。
mabox_installer_2022-08-26_16-37-17.jpg


posted by ブログ開設者 at 07:53| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月24日

archlabs-2022.08.21-x86_64。vmware workstation player16.2.4 / sparkylinux-6.4-amd64

※タイトルのバージョン名内の日付が違っていて修正しました。

存在は、知っていましたが、やったことが
なかったので、DK windowmanagerで、
インストールしました。システムは、
本家と同じsystemdのarchlinuxです。

DKにlive機能があります。これまでのarchlabsは、
インストーラーのみでしたが。
インストールしなくても、どん、なん、かなーが
できます。

ターミナルは、alt + shift + enterで、
al-terminalがとりあえず開きます。あとは
super(win旗キー)+ spaceで、
rofiが開きなんでも起動できます。
systemのreboot & shutdown poweroffも、
頭文字と2文字目ぐらいをrunのところに
入力すれば、候補に出て、実行できます。

インストーラーは、ターミナルに
installerと入力、enterすれば、テキストモードの
インストーラーが開きます。全面英語です。
よく意味がわからなかったのは、
Commandの項目でして、空欄にしました。
パーティション設定は、お任せにしないでやったら、
インストールに失敗しました。
任せると、/bootと/が別になりました。
パーティションサイズは、もちろん自由です。
swapファイルはなしにしました。

DKの操作性は、i3-wmと似ていて、
バインドキーの要キーは、altです。

~/.config/DK/sxhkdrc
# terminal emulator
super + Return
al-terminal
alt + shift + Return
al-terminal
super + t
al-terminal
# program launcher
alt + p
rofi_run -r
alt + F1
rofi_run -r
super + @space
rofi_run -r
# make sxhkd reload its configuration files:
super + shift + r
pkill -USR1 -x sxhkd

# quit dk
alt + shift + q
dkcmd exit
# reload dkrc
alt + shift + r
dkcmd reload
# restart dk
alt + ctrl + shift + r
dkcmd restart
# focus next or previous window
alt + {j,k}
dkcmd win focus {next,prev}
# close window, swap tiled window in/out of master, cycle tiled windows in place
alt + {q,space,Tab}
dkcmd win {kill,swap,cycle}
# toggle fullscreen and fake fullscreen (enable manipulating fullscreen window)
{_,alt + }F11
dkcmd win {full,fakefull}
# toggle floating or sticky
alt + shift + {space,s}
dkcmd win {float,stick}
# move window, signed (+/-) for relative changes
alt + shift + {h,j,k,l}
dkcmd win resize {x=-20,y=+20,y=-20,x=+20}
# resize window, signed (+/-) for relative changes
alt + ctrl + {h,j,k,l}
dkcmd win resize {w=-20,h=+20,h=-20,w=+20}
# move the active window up/down the stack
alt + {Up,Down}
dkcmd win mvstack {up,down}

~./.config/DK/dkrc
というファイルもありますが、
プログラムの動作の仕方とか、窓のサイズ、各部の色とか、
バインドキー以外の設定ファイルです。

システム起動時のプログラムのスタートアップは、
~/.xprofileによってです。

#!/bin/sh
xrandr --output Virtual1 --mode 1920x1200 &
# sourced at boot by ~/.xinitrc and most display managers
# xdg standard configuration location (needed by some applications)
export XDG_CONFIG_HOME="$HOME/.config"
# add ~/.local/bin to the PATH (application executables)
export PATH="$HOME/.local/bin:$PATH"
# start the compositor (transparency, fade, shadows, blur, etc.)
picom -b &
# start the network tray application
nm-applet &
# start the volume tray application
volumeicon &
# restore the last wallpaper applied with nitrogen
nitrogen --restore &
# start gnome policy kit agent (password authentication)
/usr/lib/polkit-gnome/polkit-gnome-authentication-agent-1 &
# set display timeout, sleep, and poweroff
xset dpms 600 900 1200
# set keyboard repeat rate
xset r rate 350 60
# left hand mouse
#xmodmap -e "pointer = 3 2 1"
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
fcitx-autostart &

↑緑の部分は、追加。
仮想環境上でのフルスクリーン化と
日本語入力設定(インストールしたパッケージは
fcitx fcitx-mozc fcitx-configtool)。
まだやっていませんが、open-vm-toolsの
設定も、おそらく~/.xprofileにすれば、
問題なく動作するだろう、と想います。

デフォルト設定では、タイルの目地が太くて、
壁紙が隙間から見えます。

最初、音が出なかったです。alsa-utilsが
入っていず、入れて、alsamixerで、
ミュートになっていたのを外し、それでも
音が出なくて、vmware workstation playerの
サウンドーカード設定の項目で、
Auto detectを、ALSA: Default sound card に
変更、新たにシステム起動してやっと音が出ました。
pulseaudioで音が出ています。

インストール時に、使う主要なアプリの選択や、
ログインの仕方をどうするか、とか、
決められます。デスクトップを出すために不可欠な
xserver系とかは、自動で入ります。
インストーラーで選べるデスクトップの種類は、
フローティングでは、openbox fluxbox。
タイルでは、i3-wmも選べたと想います。
ディスプレーマネージャーは、
lightdmが選べました。
私は、コンソールログインを選び、
オートログインの設定にしました。

一応、中級者から上級者用になっていますが、
すべてが、パッケージでインストールする世界なので、
難しさは、さほどでもないです。

live起動時に、対話型でやれる起動(上から2列目)が
あったのを思い出しました。

archlabs_2022-08-24_12-21-48.jpg

ここまでの構築で、仮想ゲストosの
ファイル総重量は、6.5GBでした。


posted by ブログ開設者 at 12:30| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月20日

(追加あり)archbang-summer-1908-x86_64.iso。vmware workstation player16.2.4 / sparkylinux-6.4-amd64

カーネルが5.19.2-arch1-1になっています。
あとは、内容は変わらず、パッケージレベルで
更新されただけのようです。

↓  ↓  ↓  ↓(20220821 09:32)
archbangのホープページブログに、
iwdとlxappearanceが入れてある、との
書き込みがありました。

仮想環境(vmware workstation player)で
live起動していると、
ホスト側のネット接続
を流用(に依存)するかたちになるので、
iwdについては確認できません。
$ sudo systemctl start iwd
で起動して、
$ iwctl
すると、対話式のプロンプトが出て、
設定できるみたいです。

lxappearanceについては、i3-wm上では、
themeを認識しないんじゃないですかね。
archbangのオリジナルthemeの
~/.themes/AB-Summer-i3がlxappearanceの
Widget欄に見あたりません。
それでも、themeとして生きている
みたいですけど。


posted by ブログ開設者 at 12:06| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする