2022年07月20日

virtualbox-6.1.36、動作良好。sparkylinux-6.3-amd64(debian11 bullseye)

virtuboxのホストソフトウェアは、sparkylinux(debian11)上で、
問題なく動作しています(カーネルは、5.10.0-16-amd64)。
無理してバージョンアップした
わけではなく、自然の成り行き更新です。

extension packは、マストでバージョンを合わせる必要があります。
virtualboxサイトよりダウンロードして差し替えます。
guest additonsは、動作に問題が出ないかぎり、
バージョンを合わせるまでもなく、
そのままにしておいたほうが賢明だと思います。

ゲストosは、archbangでだけ試したにすぎませんが、
ほかも大丈夫であろうと思います。
ゲストarchbangのカーネルは、5.18.12-arch1-1。


posted by ブログ開設者 at 21:10| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未だlinux_osに、足りないところもなくはない?

今どきの軽自動車より安い、それでいて
電気自動車より環境にもよい、わが愛車(ガソリン車)の
任意保険を更新(実際は乗り換え)しました。
安くするには、ネット通販一択ですね、、、。

毎年、現時点の走行距離の数値とか、車検証の情報とか
細かい情報が必要で、面倒臭くてうんざりするけれど、
契約先を変えたほうがかなり安くなるので、
重い気持ちを押し殺してやっています。

今年はA社にしたのですが、linuxのブラウザ、
brave、firefoxでは、上手くいかなかったです。
ワイフのノートPCのWindows11(edge)で、なんとかでした。
ブラウザの設定レベル(プライバシー)の問題なんですかね。
ある時点で、先に進めなくなる、という状況でした。
見積もりの保存も上手くいかず、何度も
最初から、やり直すということがありました。


プロバイダ契約なんかも、新規が安くなる、
ということが多いですね。現契約プロバイダに、
長く契約している人間がなぜ不利益を被らねば
ならないのか、とか再三嫌味を云ったら、
少しは考えるようになったみたいです。オールド会員用の
早くつながる電話番号とか、できたりしました。へ(- -)へ

釣った魚に餌はやらないという感覚は、
一見さんお断りの昔ながらの料理屋さんなんかにはない
感覚だと思います。新しい端末を
プレゼント(1円だったり)してまでの新規契約獲得、
シェア拡大とか、どれほどの意味があるのか。やる以上は、
利益が得られるから、やっているに違いないのでしょう。

大手のD社は、市中のお店は、ぜんぶ代理店だそうで。
代理店自身がそんなバカげたことをやっていたら、
経営は成り立たないですね。
おそらくD社から報奨金とかなんらかの名目で、
収入を得ているわけですね。
どういうカラクリがるのか、、、。

欧米列強(DS)的ビジネスモデルは、
個人的には、理解の外です。それでも、
付き合っていかないと、モロに不利益を被ります。
年寄りのアタマのボケ防止策にもなるので、
めげずにやっています。

スマホ業界のブラックリスト(アンリトン)は、
3ヶ月ぐらいみたいなことを、ちらっと聞きました。
確たるところは、判らないですが。

話を保険に戻せば、すべての道は、ロンドンに通ず、
と心得ていまして、どこでやっても、同じ、
という感覚でやっています。もはや顔が見えるとか、
見えないとか、の時代じゃないんだな、と思います。
ホームワーク的な時代になって、そういった風土が、
一層加速していくんでしょう。
二人いる次世代も、近頃はほとんど
所属会社に出社していませんね。


posted by ブログ開設者 at 10:19| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする