2022年07月12日

(修正)感想。Porteus-XFCE_ja-v5.0-x86_64。vmware workstation player16.2.3 / sparkylinux-6.3-amd64

nekoさんよりご案内がありました、Porteus5.0。
インストールして、ひと通り使えるようにトライしました。

といっても、firefoxを選択インストールツールで入れたあと、
nanoを入れてvmware toolsを使えるようにしただけですが。

nanoは、pmod -mでインストール(xzm)でき、extraフォルダに
入れて問題なく使えています。
vmware toolsは、slackwareに、open-vm-toolsがなく、
vmware worksation playerのプルダウンメニューから
ダウンロードして、物理インストールをしました。

うまくやれば、これも、モジュール(xzm)にできる
のだと思います。perlを使ったインストールスクリプトを
使うので、しませんでした。perlがデフォルト装備か、
確かめ不充分のまま、pmad -m でxzmを作成し、
extraフォルダに入れてしまいました。
要不要は確かめていません。

インストールスクリプトを実行するには、
$ sudo chmod 755 vmware-install.pl
$ sudo ./vmware-install.pl

共有フォルダの設定を終えていないと
Mounting HGFS shares: [FAILED]
が出ます。ですが、あとでの設定で、機能しました。

私が使った感じとして、もっとも気になるのが、
xfce-terminalの入力後反応の鈍さです。ワンテンポ遅れて、
文字が出ます。あと、日本語入力が
scim-anthyだ、ということですかね。

ほかは、まずまずだと思います。
APorteusのほうが、使い心地はいいですかね。

↓  ↓  ↓  ↓
急に、動画の動きが活動写真的になりました。
おそらく、物理インストールした
vmware toolsのせいだと思います。
全面、モジュール化しないと、上手くないのかも。

↓  ↓  ↓  ↓
翌朝(12日)にシステム起動して動画を確かめ
ましたら、vmware toolsインストール以前と
変わらなくなっていました(つまり正常化した)。

回線の混み具合とか
じゃなかったと思うんですけどねえ。
vmware toolsは、共有フォルダとか、機能を
果たしています。ネットワークの設定は、
いつもbridgeにしていますが、natに変えています。


posted by ブログ開設者 at 09:20| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする